Chestnut  栗 「秋の栗祭り 2013」

a0265945_438511.jpg

(2013年9月 渋谷にて)


 秋になると「栗」が気になる!のです。もちろん、好きだから。食べたい!!となるのです。
秋でなくても、ケーキといえば「モンブラン」が好きですし、イチゴショートよりマロンショート(マロンショートがあれば)、ピーチタルトよりマロンタルト(マロンタルトがあれば)を迷わずに選びます。

10月になると一気に栗の季節なので、落ち着かなくなります。和菓子屋さんにも一気に新栗のお饅頭や栗を使ったお菓子が並びますし、もう栗が乗っている和菓子は全部試したい!という気分です。

和菓子屋さんだけでなく、フルーツパーラーも、ケーキ屋さんも料理屋さんもどこもかしこもくり・クリ・栗なので、心躍る季節です。

 今月もすでに(今月といってもまだ4日ですが)いくつかの気になった栗を口にしています。

 先ずは大満足なのが、日本橋の千疋屋総本店の「マロンパフェ」!


a0265945_4385314.jpg



 千疋屋さんだけでなく高野もフルーツパーラーは季節ごとのフルーツパフェを出していますが、夏のマンゴーパフェと秋のマロンパフェは食べたくなる!です。
 
 10月からのマロンパフェを昨日、千疋屋総本店の2階にあるレストラン「デーメテール」食べに行きました。

 夜景のキレイな窓側の席に通され、待ちに待ったマロンパフェをいただく…

a0265945_4392147.jpg



 マロンアイスの上にマロンがゴロゴロで、言うことなし!至福のひと時!満足です!


 千疋屋総本店の1階のフルーツショップで扱っている栗は熊本産の「利平栗」。オリジナルは岐阜県で、岐阜県山県市で日本の「大桑大粒」と中国の「天津栗」の交配種で作られた利平栗は、全国に広まったそうですが、収穫量が少なく「幻の栗」とも言われているとか。原産地の岐阜県山県市では明後日6日(日)が「ふるさと栗祭り」なんです。もう行きたい!!って感じですね!

 地元には利平栗発祥の地の記念碑もあるそうで、是非、行ってみたいです!

 千疋屋のマロンパフェの栗が利平栗かどうかは確認していませんが、この季節には食べたいパフェです。(10月1日~11月30日まで。\1,890)



 なめらかプリンで有名な「パステル」も「渋皮栗のモンブランプリン」が今月のものとして出ています。どうせなら、今月はこのモンブランプリンを食べたい!ですね。

a0265945_4401261.jpg

下はなめらかプリンが詰まってます!


 先月の下旬位からミスタードーナッツに登場したのが、「秋マロンドーナッツ」です。栗型のドーナッツ2種類とポンデ~のシリーズのマロンが3種類の計5種類がラインナップ!

 ミスドに行った時に「秋マロンドーナッツ」のポスターを見て発売を知ったのですが、夕方に行くとすでに栗型のドーナッツは売り切れ… 3度目のミスドでやっと入手出来ました!!


a0265945_4411930.jpg



 「焼き栗ドーナッツ チョコ」と「焼き栗ドーナッツ マロンチョコ」をやっと口に出来ました。中のクリームもフワッという感じで軽い感じのドーナッツです。

 これはビジュアル的な「大きな栗を食べている!」という感じがいいですね。

 
 この栗の季節に絶対外せないのが、マンダリンオリエンタルホテルのベーカリーにこの季節だけ登場する「マロンデニッシュ」です。これは大好物!!です!


a0265945_44251.jpg

これが美味しい♪


 栗が乗っているだけでなく、中に練り込んであるマロンクリームも美味しくて!!日本橋に行く度に買ってしまうのです。

 10月の発売なので、今年もいくつ食べられるか?です。


 栗といえば…
去年の9月に数年越しで気になっていた高知の「四万十栗」を「四万十栗祭り」に合わせて四万十に行き、栗を買って来ました。

 四万十栗は糖度14の甘みの強い栗として作られたのですが、まだまだ生産量が少なく、関東ではなかなかお目に掛かれない栗です。

 
a0265945_44331.jpg



 去年、高知の「四万十栗祭り」が開催されていた道の駅の「四万十とおわ」で買った栗ですが、半分を友人にお土産に渡しました。彼女は栗ご飯を作り、美味しかった!とブログにUP。
http://cucumber1.exblog.jp/18547632/

 美味しく食べてもらえて良かったと思いました。

 四万十栗の残り半分は、別の友人に持って行き、彼女に栗ご飯を作ってもらっていただきました。(彼女は料理が上手なので、栗は私が剥いて持って行きました。栗ご飯の味付けは彼女にお任せしました。持つべきものは料理上手な友ですね!)


a0265945_4433880.jpg

器の趣味もステキなんです!


 食べたのは去年のことですが、今でも甘みのあるホクホクした栗の入った栗ご飯は忘れていないです。

 友人は長野の出身なので、彼女と小布施に行ったことがありますし(小布施はスゴイ!栗のテーマパークのような町!)、長野に帰省する度に小布施の栗のいろいろなものをお土産に買ってきてくれるのです。(ありがたい友です!)

 その栗ご飯を作ってくれた友人は去年の10月に会社の同僚と秋田の角館に行き、私に嬉しい栗ニュースを持って来てくれました!

 秋田の角館に、なんと!「西明寺栗」という大きさが日本一!という栗があるのです!(知りませんでした!)

 こどものこぶし大になる大きな栗が、秋田で栽培されているとは!!です!(角館の北にある西明寺は江戸時代からの栗の産地だとか。そんな北で栗があると思っていませんでした。栗好き…失格!ですね…)

 友人がその西明寺栗が入った栗どら焼きをお土産に買って来てくれました。残念ながら、栗どら焼きに入っていた栗は丸ごと1つではなく、スライスされていた栗でした。西明寺栗の大きさを実感することはなかったのですが、そのスライスから、「大きな栗だ」ということは想像出来ました。(丸ごと食べたい!)

 角館の西明寺栗祭りは今年は10月23日に開催です!行きたい!!
西明寺栗の大きさをこの目で見たい!!

 他に栗といえば…
 これも去年の10月のことですが、東京のミシュラン三ツ星レストラン「小十」のデザートにも栗がありました。

 去年の10月にアメリカの西海岸で仕事をしている友人が一時帰国して、東京に寄りました。東京で一番おいしいレストランに行きたいというので、グルメの友人の情報(その美味しさに会話が止まる程だ!と)から銀座にあるミシュラン三つ星の和食のお店「小十」に決めました。

 「小十」のコース料理のそれぞれの素材のすごさと美味しさは、また改めてブログにUPしますが、デザートに出て来たアイスクリームに栗が付いていました。

 
a0265945_4452529.jpg

高級感漂う…


 甘露煮の栗も美味しかったので、どちらの栗か?と尋ねたら、「熊本産の栗を使っている」とのことでした。

 「小十」が選んだ栗は丹波栗でもなく熊本産か…と「極上栗が熊本にあり」と思ったりしました。

 日本の栗の生産量は全国で2万3千トンあり、内訳は、茨城県:約4千トン、熊本県:約3千トン、愛媛県:約1千500トンだそうで、茨木の出荷量が日本一。

 茨木の笠間には「栗の家」という栗菓子がおいしい民芸茶房があります。(ここの雰囲気もステキです!)また谷中の「和栗や」があり…と栗の話しは尽きないので、続きはまたの機会に!


a0265945_4462013.jpg

新宿高野の「栗のケーキ」
[PR]
by airmail-trvler | 2013-10-04 23:30 | C