Costa Rica サンホセの町を歩く@2011 2

a0265945_2164575.jpg

(2011年12月 サンホセにて)



(昨日からの続き…)

 コスタリカの中央郵便局は窓口が少なく、私が行った時にはもう行列があり、さらに私が行くともっと行列になってしまうのでは?と心配でしたが、英語の分かる若いお兄さんが窓口で、私が言ったことを理解してくれて、思った以上に早く用事が済みました。

 早く済んだことは喜ばしいこと!ということではなく、ショックなことにコスタリカでは、もう普通の切手が売っていなかったのです!!

 数年前に通常切手は廃止されたようで、売っているのは「証紙」でした。手紙の重さに合わせて、金額や日付けが印刷されて出て来る証紙になってしまったので、投函する現物の手紙がないと“発券”出来ないので、売ってくれないのです!

 目の前の現実がショックで!ショックで!
切手が無くなっているので、エアメール・ラベルもなく…

 ただ、数年前まで発行されていた記念切手(残っているもの)は、記念切手専用窓口で買うことが出来ました。

 Eメールの発達で手紙を出すこと、特にエアメールは激減しているとは思いますが、まさか切手がなくなっている現実がそこにあったなんて!

 ショックではありましたが、手紙を出す人の列に年配のおじいさんがおり、その人の手元にある出す手紙にエアメール封筒が見えました!

 そのおじいさんに「このエアメール封筒は何処で手に入りますか?」と尋ねたら、おじいさんは英語を話す人で、丁寧に自分が買った文房具屋さん(リベリアインターナショナル)を教えてくれました。

 中央郵便局で記念切手を買い、そして今度はエアメール封筒を買うべく文具屋さんに行くことに!


a0265945_2185099.jpg

デパート?衣料、家庭雑貨が揃うショップ


 サンホセの中心のメインストリートに出て、おじいさんから聞いた文房具屋さんに向かっていく途中にある本屋さんにも寄ってみます。本屋さんに文具コーナーがあることが多く、そこにエアメール封筒とかユニークな文具やステキなデザインのカードがあるのでは?と期待感があります。

 デパートらしい衣料、雑貨一般を扱っている大型ショップにも寄ってみます。もちろん文具売り場があるのでは?と思うから。

 ざっとショップ内を見て回って、文具売り場があれば、時間を取ってじっくり見て回り、エアメールのものやデザインの良いステーショナリーがなくても、見れた、どんな感じなのかがわかっただけも満足!!です(もちろん、何か掘り出し物のようなステーショナリーがあれば、本当に大満足♪ですが)。


a0265945_2202187.jpg

リベリアインターナショナル


 本屋さんやデパートの文具売り場にこれ!といったステーショナリーはなく、おじいさんの言っていた文房具屋さんに行ってみると、かなり広く、まさにサンホセの伊東屋という感じでしょうか。

 お目当てのステーショナリーのコーナーへ。気になっていたエアメール封筒がそこにあったので、もう嬉しくなってしまいます!!


a0265945_221344.jpg

封筒コーナー


 ただサイズは「小」のみ!「大」はソールドアウトのようで、スタッフに尋ねても、「在庫はない。いつ入荷するかはわからない。来週かも知れないし、もっと先かもしれない。」とのこと。
とりあえずサイズはどうあれコレクションしている「その国のエアメール封筒」が入手出来ましたので、ホッとしました。

 もうドイツなどエアメール封筒そのものが市場から消えているので(どこかに残ってはいるのでしょうけど、ほとんどの文具店にはもう在庫はないようで…)、文房具屋さんの店頭に並んでいるだけでも幸せ!気分です。


a0265945_2224941.jpg

カフェでパフェを食べながら…


 エアメール封筒、ペーパー等々を仕入れて、カフェに行きます。ドリンクやスイーツを注文し、その一方でカフェで手紙書きです。郵便局で切手を仕入れ、文房具屋さんでエアメール封筒を始めとするステーショナリーを買い込み、カフェでエアメールを書くのが至福の時です。

 文房具屋さん等でちょっとしたシールやデザインのステキなメモを見つけるとそれも手紙と一緒にエアメール封筒に入れたりして、その国らしいその国で手に入れたものも一緒に送りたいと思っています。

 手紙の重さに気を付けながら、柄付のテープで封をして、切手やエアメール・ラベルを貼ったりして、ポストに投函!


a0265945_2234223.jpg

中央郵便局に戻り、ポストに投函!


 その国や町、観光地や美術・工芸品等の絵葉書でエアメールをするのも嫌いではないですが、ポストカードより、エアメール封筒が好きで、もしくはエアログラムの方がポストカードより好きなので、それで出すことが多くなります。

 個人的にエアメール・ストライプが付いた封筒が本当に好きなんです。だからそれで出したくなるのです。


a0265945_22526.jpg

サンホセにある国立劇場


 エアメールを出し終えて、やっとホッとします。一仕事終えた!!という気分。すると落ち着いて、美術館に行ってみようかとか、ゆっくり町を歩いてみようとか、となります。劇場空間も好きなので、劇場に行ってみると、12月はバレエ「くるみ割り人形」の季節でもあり(クリスマスには「くるみ割り人形」を見たくなります!)、サンホセでも「くるみ割り人形」を上演中でしたので、翌日のチケットを購入することに。


a0265945_2263984.jpg


 12月に「くるみ割り人形」のバレエが見られるのは、これまた嬉しいこと!コスタリカのバレエの実力がどの程度かは知りませんが、楽しみです。
 

a0265945_227442.jpg

国立劇場のロビー


 サンホセのメインストリートを中心にあちこち歩き、ショップに寄り、カフェで一休みしているうちに夕方になってきましたので、ホテルに戻ります。

a0265945_2282753.jpg


猫が店番??

a0265945_228455.jpg



a0265945_2292451.jpg

マーケットの中

a0265945_230130.jpg

カラフルにペイントされた建物

a0265945_231456.jpg


a0265945_2312350.jpg


a0265945_231556.jpg

こちらでもケーキセットをいただく

a0265945_2324328.jpg

黄昏のサンホセ


 ホテル近くにアートギャラリーがあり、そこにレストランも併設されているとことがあったので、そちらで夕食をいただきます。


a0265945_2334135.jpg



 モダンな雰囲気で、オシャレな地元のお客さんが多いようなレストランですので、ローカルなメニューより、前菜は、スープかサラダ、メインはチキン、ポーク、魚のグリル、デザートも凝っているという東京にもNYにもあるようなそういう意味ではユニバーサルな感じです。BGMもオシャレな東京の大人っぽいカフェレストランで流れているような音楽で、サンホセにいるという雰囲気はありませんでしたが、美味しくいただきました。
 

a0265945_234536.jpg


 ホテルに帰り、またエアメールを書く!そして翌日に備えて寝ます!!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-10-22 23:15 | C