カテゴリ:S( 20 )

a0265945_1157222.jpg

(2014年10月 佐賀空港にて)


 10月は自分の誕生日月でもあるのですが、今年になって印象に残る誕生日を過ごしたいと思うようになり、LCC網の発展もあり、LCCの春秋航空が成田~佐賀線を飛ばすというニュースが出た時に今年の誕生日は佐賀で過ごそう!と思い立ちました。


a0265945_11591336.jpg



 佐賀にこだわったのは、日本の47都道府県で行ったことがないのが佐賀県で、最後に残った佐賀県に行くことでまるでジグソーパズルの最後のピースがはまって、コンプリート!となるので、印象に残るタイミングに佐賀に行きたい!と思ったのです。

 焼き物好きとして、佐賀は有田焼の本場。学生時代に有田焼窯元しん窯の「青花」と出会ってから、焼き物(どちらかというと磁器)に興味を持つようになり、ロンドンでもスポードやウェッジウッド、ロイヤルドルトン等々のボーンチャイナが好きでしたし、英国から帰国してからは、有田の源右衛門窯の文様が好きで普段使いのものをちょっと揃えたり、一度は奮発して現代の十四代柿右衛門の小皿(小皿が精一杯!!)を買ったりと、私にとって日本では焼き物(磁器)は有田という感じですので、前々から行きたい!と思っていました。

 たくさんの窯がありますし、有田を見て回りたい、ゴールデンウィークには焼き物市が開催されるので、その時に行きたいと思いましたが、なかなかチャンスがなく… やっと今月行くことが出来ました!

 行きたかった佐賀ですし、47都道府県コンプリートのラスト!ということもあり、期待と実際に行った感慨深さがあります。

 行ったのは10月1~3日の2泊3日。宿は佐賀市内の「ホテルマリターレ創世」。結婚式で人気なのか?女性向けのホテルという感じ。


a0265945_1204856.jpg



 佐賀に到着する佐賀空港はANAと春秋航空が乗り入れていて、現在キャンペーンとして飛行機利用者には佐賀空港からレンタカーを利用すると48時間は2千円!というのがあり、レンタカーも予約して成田空港から春秋航空で佐賀へ飛びました。


a0265945_1214184.jpg

成田空港の国内線、春秋航空のチェックインカウンター


a0265945_1224499.jpg

Mゲートから沖止めの飛行機までバスで移動


 1時間半位のフライトで、本、雑誌を見ている間に着いてしまうし、機内でコーヒーや佐賀の嬉野茶の販売もあります。


a0265945_1245378.jpg

座席シートはコーヒーの宣伝


a0265945_12541100.jpg

持ち帰りたくなった機内誌には佐賀の情報が満載!!参考になりました!


 100円で嬉野茶(お代わり自由)と佐賀名物のお菓子「丸ぼうろ」(こちらも100円)を買って、機内誌のような宝島社が作った「佐賀案内」を楽しんで、情報を集めているうちに到着してしまった、です。


a0265945_1263491.jpg

まろやかな嬉野茶、お代わりもいただきました!


 旅行の楽しみ、目的は、観光地として行きたい場所(単純に景色の素晴らしい場所、歴史的なスポットや建築物、美術館・博物館等々)がありますし、またここ数年郵便局好きが高じてということではないのですが、郵便局の風景印収集に手を出しまして風景印コレクションが旅の目的だったり、また紙もの雑貨好きとして雑貨屋さん・文房具屋さん・本屋さん(特にご当地で頑張っているそういうショップ)、またご当地ものが並んでいる現地のスーパーマーケットに行くことも旅の楽しさなので、そういうショップにも行きたい!ですし、現地ならではのカフェやグルメも楽しみたい!と盛り沢山なので、限られた時間で、移動もありますし、どう回ることが効率よく回れるのか事前にリサーチしたり計画を立てるべきなのに、どこか旅は一期一会、その時に出来たことが最上のこと、それが縁や運だったと考えていて、割と計画性なしの行き当たりばったり旅になってしまう、です。


a0265945_1295545.jpg

佐賀空港到着!



 でも風景意を集め出してからは郵便局は土日・祝日はお休み、窓口も5時には閉まってしまうので、風景印のある郵便局だけは、事前にチェックするようにしています。
それでも無理せずに旅しようとしていますし、行けたらラッキー、行けない場合はそういう運だった、「また来い!」ということだと思うようにしています。
 

a0265945_12103389.jpg

空港では「恵比寿様」がお出迎え。運を恵比寿様に預けます


 今回の佐賀では、焼き物の里、有田や有田焼に縁の深い伊万里に行ってみたい、オシャレなカフェ&雑貨屋さん「kihako」(オリジナルマスキングテープも出している)のある嬉野や、東京駅のデザインと関連のある武雄温泉楼門、スタイリッシュな図書館のある武雄市にも行きたい、また、イカのおいしそうな呼子にも行きたい!焼き菓子のパッケージ・デザインがステキな「パティスリー アンジェリーココ」がある鳥栖にも行きたい!もちろん佐賀市の中心も雑貨屋さん・カフェ巡りをしたいと見たい、食べたい、行きたい場所はあれこれあり、限られた時間でどう組み立てるか、飛行機が飛んでいる間、機内に常備されていた「佐賀案内」も参考にしつつ、考えてみました。


a0265945_12112515.jpg

今回、私の足になったレンタカーです


 レンタカーはキャンペーンで空港到着から48時間は2千円(一人だと2,000円、二人だと一人1,000円)ですが、それ以降は6時間までは6千円と通常料金(キャンペーンの対象車はコンパクトクラス:1,000~1,300㏄)になります。
今回は10月1日の12時半頃佐賀空港に到着(13時からの利用になる)、出発は3日の19:40なので19時には空港に行くとして、空港ピックアップで空港に返却だと54時間となり、6時間オーバー(計8千円+税)となります。3日の13時までに空港でなくても佐賀市内のレンタカー会社に返却すれは、2千円… 市内から空港までバスで600円だし、最後の6時間をどうするか?行く場所によっては車があった方がいいし、佐賀市内を回るのであれば車がなくても大丈夫か?とかいろいろお金のことも含めて考えて… だとするとどのように回ることがいいのか?


a0265945_12122197.jpg

佐賀といえば、ムツゴロウ


 48時間は遠慮なく使えるのだから車がないと移動が面倒な郊外に行くようにして、最後は佐賀市内を中心に回るようにして一応48時間でレンタカーを返却する予定にして(でも場合によっては6時間の延長も)、空港に着いてから、その日の午後は嬉野~武雄を中心に回り、翌日の2日は丸1日あるので、有田~伊万里方面へ。最終日の3日は、鳥栖の「アンジェリーココ」に行くとか佐賀市内を中心に回るとざっくり決めて、佐賀空港からレンタカーで嬉野のカフェ&雑貨屋さんの「kihako」を目指して出発しました。「kihako」のカフェでランチが楽しみ!と一路“嬉野”を目指しました。

a0265945_121305.jpg

[PR]
by airmail-trvler | 2014-10-04 23:45 | S
a0265945_45331.jpg

2013年8月 チューリッヒ空港で


 8月23日~31日まで「バイロイト音楽祭&ルツェルン音楽祭 9日間」の旅に参加しました。(郵船トラベル主催)

 8月24日、ドイツのバイロイトでのワーグナーのオペラ「さまよえるオランダ人」を観た翌日、ニュールンベルグを回ってミュンヘンからチューリッヒへ飛行機で移動しました。

 スイスインターナショナルエアラインズのフライトは1時間15分で、ドリンクとチョコレートが出ておしまい!なんて感じです。

a0265945_4535314.jpg

飛行機の尾翼のマーク付き!


a0265945_455642.jpg

コーヒーのクリームにはスイスの山がデザインに!

a0265945_4564553.jpg

チューリッヒ空港に到着!!


 ツアーのメインはバイロイト祝祭劇場でのオペラとルツェルン音楽祭でのクラシックのコンサートが3回ですが、観光も含まれています。

 スイスは以前に、学生ツアーでチューリッヒに、その後、ロンドンからスイス人の友人を訪ねてベルンに行ったり、ジュネーブを一人旅したりと来たことはありますが、ルツェルンは初めての町なので、どんな町か? 楽しみ!
 
 ワーグナーが居を構えたり、アシュケナージ氏も湖畔に住んでいたりと、音楽家が好むのか? 湖と山の風光明媚な景色が楽しめる町とのことで、オーソドックスな落ち着いた町かと想像していました。


a0265945_458210.jpg

モダンなラディソンBLUホテルの外装


 空港からバスで到着したホテルが「ラディソン BLU ホテル ルツェルン」で、何とモダンなデザイン!部屋も機能的なデザインでゆったりした広さがあります。

a0265945_4594528.jpg

ホテルのレセプションもモダン!


 窓からはルツェルン湖がみえますし、ホテルが中央駅の隣りでもあるので、窓から電車も見れます!


a0265945_502992.jpg

部屋の窓から電車が見える

 

 ホテルでは、ルツェルンのシティマップと称して、高級時計屋さんのパンフレットが何冊も配布されます。パンフレットの一部に地図が載っているのですが、ほとんどが時計のカタログ。

 
a0265945_522072.jpg

超高級な時計ばかり!

 金ぴかの光り物のデザインの高級時計は中国人観光客がよく買うそうで、現在は中国人がスイスの時計産業を支えているって感じがします。



 翌日26日の観光で、先ず案内された場所が、ホテルから見てルツェルン湖の対岸。湖の畔がヨットハーバーになっていて、この「湖、ヨット、後ろに山」の3点セットの光景がルツェルンの一番美しいとも。


a0265945_532481.jpg

この景色がベストだと…本当に素晴らしい眺めで!(写真で伝わらないのが悔しい!私の写真が下手なのね…)


 ヨットの数が規制されていて、今ある数が一番美しく見えるヨットの隻数だとか。お金があっても空がないとここにはヨットは泊められず、もっと町の中心から離れたハーバーに係留するしかないとか。

 自然に見せていますが、規制による人工美を作り出すのがスイスだなぁと。

 ルツェルンの他の名所は…

 ライオン記念碑に…

a0265945_551934.jpg



 花がきれいなカペル橋… 

a0265945_55593.jpg



橋の中にも絵があったり、渡る価値あり!(観光で行ったら、きっと渡ると思います!)

a0265945_564162.jpg

放火で橋の一部が焼けてしまい、絵が焼失してしまったとか・・・ 残念です…


橋から見る市庁舎…

a0265945_572094.jpg

塔のある建物が市庁舎。1階のレストランの地ビールはおススメ!


教会も建築、デザインが見どころの一つ。こちらはホーフ教会。

a0265945_591521.jpg

a0265945_59551.jpg

火曜の夜のオルガンコンサートに行くことに!


 こちらの教会はロイス川のそばにあるイエズス教会。

a0265945_51164.jpg

a0265945_5114552.jpg



 中のデザインが全く違いますが、どちらもすばらしいパイプオルガンがあります。

 町の中心は「ルツェルン音楽祭」のデコレーションの旗がなびいています。

a0265945_5124426.jpg



 オールドタウンはショップが並んでいますし、ショッピングや写真を撮ったりと散策に楽しいところ。

a0265945_5132035.jpg



 ロイス川やカペル橋が見えるレストランでの食事はおススメですね。

a0265945_5142033.jpg



 そしてルツェルン駅の向かいにあるモダンなデザインの「カルチャー&コングレスセンター」です。こちらがルツェルン音楽祭の会場であり、モダンでステキな音楽ホールがあります。

a0265945_5152383.jpg



 こちらと併設して「ルツェルン美術館」もあります。スイス現代美術のコレクションがあります。

a0265945_5161195.jpg



 知っている絵を見たい!というのなら「ローゼンガルト・コレクション」へ。以前にルツェルンにあったピカソ美術館の収蔵品がこちらに移転。他にもパウル・クレーの作品も多数展示しています。

a0265945_517898.jpg



 ルツェルン湖のクルーズもいいですし、船がバス、タクシー代わりの交通機関でもあります。

a0265945_518223.jpg



 バスほど本数は多くないですが、船で、中心から少し離れた「ワーグナー博物館」にも行けます!

a0265945_5194040.jpg


 ワーグナー博物館は通常はバス+徒歩で行きますが、この船で行くのはおススメ!!です!船旅とワーグナー博物館とで2度美味しい!!って感じです。

 私の場合、外せないのが「中央郵便局」です。切手を買ったり、エアメールのラベルをもらったり… 私にはMUSTなスポットです。

a0265945_5202854.jpg


 ルツェルンの中央郵便局の建物も味がありますね。

 そういう観光名所を回ったら… 高級時計店で目の保養をしてもいいですが、時計店より私はスーパーに行きたい!!


a0265945_5212742.jpg

ルツェルンでスーパーと言ったら、先ずこの「MM」の看板を探す!

a0265945_5232991.jpg

「MM」とはミグロスという大きなスーパーのことです!


 文具・雑貨が好きですし、ご当地の食材はどんなものがあるのか?興味津々!パッケージのデザインを観るのも楽しい!

a0265945_5253797.jpg

カラフルな文具売場!

a0265945_5282973.jpg



a0265945_529232.jpg


 その町に行ったら、スーパーも外せないですね!


a0265945_5294444.jpg

コープシティも大きなスーパー。ミグロスとは、日本のイオンとイトーヨーカ堂って感じでしょうか


 そして夜になると… 夜景もきれい!

a0265945_531355.jpg

「カルチャー&コングレスセンター」の夜景


 何と言いましても今回のルツェルンに来た目的は「ルツェルン音楽祭」ですから、アバド指揮のルツェルン祝祭管弦楽団、ラトル指揮のベルリンフィルハーモニー管弦楽団の2回のコンサートが何と言っても楽しみです♪

a0265945_533880.jpg

[PR]
by airmail-trvler | 2013-09-02 20:30 | S
a0265945_042211.jpg

(2013年4月 ケニア・ナイロビの空港ビルの外にあるポスト)

 昨日(4月4日)に引き続き、翌4月5日の午前中もマサイマラにゲームサファリに!

 昨日のゲームサファリでは、遠目ではありましたが、ゾウ、キリン、バッファロー、シマウマ、(寝ている)ライオンを見て、それなりにテンションが上がりました!
 ケニアは現在、雨期ですが、雨に合わずにサファリが楽しめたので、好天の中、今日もどんな動物が見れるか、朝から興奮!


a0265945_0442883.jpg

マサイマラ国立動物保護区の入口ゲート


 サファリバスが、マサイマラ国立動物保護区の入り口に着くと、昨日同様、マサイの女性のお土産セールスの攻勢に!
 今日は4時間のゲームサファリなので、入り口にあるトイレに寄ろうと外に出ると、マサイのセールスレディースに囲まれてしまう!です。

a0265945_047583.jpg



 そのセールスの洗礼を浴びて、保護区の中へ。昨日とは違うルートを進んで行きます。

 先ず、目に飛び込んできたのが、キリン!昨日と違って近い! まして何頭もいる!


a0265945_0473515.jpg



a0265945_0475354.jpg



a0265945_0494120.jpg

こちらが気になる??


 ゆっくり木の葉を食べている姿がバッチリ! 好奇心が強いのか、こちらを見たり… 優雅に移動していきます。このキリンは「アミメキリン」だそうで、縞のフチがギザギザになった「マサイキリン」もいるとか。

 バスが進むと… 今度はシマウマですが、シマウマも近い! 縞模様の美しさがハッキリ見える!


a0265945_0502822.jpg


シマウマの後ろにはイボイノシシが!

a0265945_0504510.jpg


a0265945_051790.jpg




 更に進んで行くと、今度は、何と!バッファローの群れ!です!


a0265945_051428.jpg


 
山から麓に下りてくるところで、長い列になっています!こんな群れは動物園では見れない!まさにサファリの醍醐味!

a0265945_0521386.jpg


a0265945_0524289.jpg



 こちらをじ~~っと見ているオスもいます。ほとんどは草を食べながらの移動です。


a0265945_0531752.jpg



a0265945_053418.jpg




 ゾウも近い所に来ています!

a0265945_0542696.jpg



a0265945_0545232.jpg



 ハイエナもいたり…

a0265945_055153.jpg




 またゾウが遠くのアカシアの木の下に集まっていたり…


a0265945_055466.jpg



アップしてみると…

a0265945_059051.jpg




 と、その時!なんと!!ライオンが! 私たちのバスのすぐ横をゆったりと歩いている!!


a0265945_0592623.jpg

参加者の頭越しにライオンを見る!


 すぐそこにライオンがいる!!ですよ! もうバスの中は興奮状態!!


a0265945_113715.jpg

迫力のライオン!


 こんな近くに雄ライオンがいるなんて!


a0265945_121371.jpg



 堂々とゆっくり歩いて過ぎて行く… 余裕の姿です!

 なんとラッキーと言っていいのか、こうも近くにライオンが見れるなんて!もうビックリ!

 
 興奮冷めやらず、という中、さらにサファリバスは進んで行きます。

 今度は本当に近い所にゾウの親子がいました!インド象と違い、アフリカ象は凶暴(飼い慣らすことは出来ない)と聞いていますが、そのゾウの親子が間近に!


a0265945_125110.jpg



a0265945_132059.jpg




 アフリカ象は耳の形がアフリカの形と言われていますが、その耳の形もハッキリと見えます。耳をうちわ代わりにばさばさと動かして、風を送っているとか。


a0265945_143931.jpg




 小象もかわいい~


a0265945_135854.jpg



a0265945_152398.jpg



a0265945_155528.jpg

迫力のUP!まつ毛が長い??

a0265945_163911.jpg

バスの前を横切ろうとするゾウの親子


 段々バスの方に寄って来て、前を横切って行きました。自然の姿が目の前で見られるとは、サファリの素晴らしさ!ですね!

 今回は間近にライオンやゾウ、シマウマ、キリンも見れて、大満足!のゲームサファリです!

a0265945_175565.jpg


 4時間のゲームサファリが終わりに近付き、戻る方向へ。帰りの途中には、ハゲコウ(コウノトリ)が遠くに。

a0265945_1101873.jpg

UPしてみました



 他にもカンムリツルもいましたが、ちょっと遠くにいました。(倍率の良い双眼鏡を持っていないと遠過ぎてカンムリまで見えない!)

 もちろん、今回のゲームサファリでも、インパラ、トピ、ガセル、イボイノシシも見ました。

 近くで動物が見れて、本当に充実のゲームサファリでした!


a0265945_1111668.jpg

雲が多くなってきて… 午後は雨??


 午前(早朝)のサファリの方が近くで動物が見れるって感じでした。4時間のゲームサファリが終わり、また6時間掛けてナイロビに移動します!(途中でランチ、ナイロビでスーパーマーケットに寄ります。)

 ケニアその他の旅行記は、次のブログで!


*動物を撮ったカメラはペンタックスのQ10で、レンズは望遠ズームレンズ「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」(焦点距離83mmから249mm相当の望遠ズーム)を使用。
[PR]
by airmail-trvler | 2013-04-08 00:30 | S
==前のブログの続き==

a0265945_23355933.jpg

マサイマラ国立動物保護区の入口のゲート


 マサイマラ国立動物保護区入口では、マサイの女性が売り子になってキリンや、マサイの戦士?の木彫りやアクセサリーを「3つで10ドル!」と声高く、売るのに必死!


a0265945_23371331.jpg

写真も有料?友人はキリンの木造も写真代も値切っていました


 その歓迎のようなマサイのセールスを抜けて、いよいよマサイマラ国立動物保護区へ!


 マサイマラに来る途中も牛・羊・ヤギの放牧を見てきましたが、マサイマラ国立動物保護区に入ったところでも牛が放牧されており、思わず、何かの動物??と身を乗り出してしまいました。(放牧の牛でガッカリ!)

 アカシアの木が印象的なサバンナを進んで行くと…


a0265945_2339214.jpg


a0265945_23394014.jpg


a0265945_23401559.jpg

印象的なアカシアの木



 シマウマ、キリン、インパラ、ガセル、ホロホロ鳥、トピ、イボイノシシ、バッファロー、ゾウ…を遠くに見て…


a0265945_23413157.jpg

シマウマ

a0265945_23421135.jpg

インパラ

a0265945_23424948.jpg

ホロホロチョウ

アップにすると・・・
a0265945_23432453.png



a0265945_23441255.jpg

シマウマと後方にインパラ


a0265945_2345345.jpg

シマウマとトピ

a0265945_2346612.jpg

キリン

a0265945_23464462.jpg



a0265945_2347628.jpg

トピ


a0265945_23474413.jpg

木の上にいる鳥は… ?

a0265945_23484171.jpg

ゾウ!

a0265945_23491631.jpg

バスから見るバッファロー

アップにすると…

a0265945_2350216.jpg


a0265945_23503057.jpg



さらにサバンナを行く…

a0265945_23511429.jpg



a0265945_23514783.jpg

キリン!

a0265945_23522218.jpg



a0265945_23525640.jpg

インパラの後ろにキリンが並んでいる!

a0265945_23534946.jpg

インパラと放牧の牛

a0265945_23543647.jpg

インパラはあちこちに

a0265945_2355848.jpg




 他のサファリカーとすれ違う時に動物の情報を収集し、ライオンがいる情報をGET!

a0265945_23554793.jpg


 ライオンが寝ているという場所に直行!!

 数台のサファリカーが集結しているので、その「ライオンが寝ている場所」がわかります。

 近付いてみると…

a0265945_23564782.jpg

バスの窓の先にライオンが!

a0265945_23571166.jpg


 2頭のライオンが寝ているのです!う~~ん!草の中に埋もれている!けど2頭の雌ライオンがいる!!

a0265945_23583625.jpg


 一瞬、向かって左にいるライオンが首を上げましたが、「我関せず」とまた寝てしまった!

 1台のサファリ・カーが近付きましたが、ライオンが動かず…

a0265945_23591131.jpg


 私たちのサファリ・バスも近付きましたが、ライオンに動きはなし!!

 何もしないと知っているのか? ライオンとして堂々たるものなのか? 静かに寝ているだけ!

a0265945_23595283.jpg

ライオン2頭が草の中で横たわって寝てます!


 寝てはいるけど、ライオンを見た!です。


 サファリで「ビッグファイブ」と呼ばれる動物は、ゾウ、ライオン、サイ、ヒョウ、バファローの5種類の動物で、サファリで特に人気の高い動物たちのことです。

 広大なマサイマラ(1,800㎞2)でライオンや、サイ、ヒョウを見つけるのは至難の業なのでは?と思われます。

 ともあれ、寝てはいたけどライオンを見た!ということで、この日の2時間のゲームサファリは終了!

 夕焼けを見ながら宿泊のロッジに戻ります!

a0265945_012920.jpg


 初日、動物の姿は遠かったけれど、とりあえずライオンも見れて、ラッキー!だったのでは、と思います。

a0265945_03417.jpg


a0265945_0251293.jpg


キリンやゾウを遠くに見ながら、ロッジに戻ります


 明日の午前に再度、マサイマラでの4時間のゲームサファリ。明日は何か見れるか?楽しみ!


*今回は動物が遠かったです!一応、動物を写したカメラはペンタックスのQ10で、レンズは望遠ズームレンズ「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」(焦点距離83mmから249mm相当の望遠ズーム)を使用。
300㎜以上の望遠レンズをおススメと旅行代理店のパンフレットにありました。
[PR]
by airmail-trvler | 2013-04-07 23:30 | S
 
a0265945_2312051.jpg

(2013年4月 ケニア、ナイロビのJK空港で)


 この4月3~7日、2泊2機中泊5日のケニアツアー(HIS主催)に参加して、ケニアのサファリを楽しんで来ました!

 大韓航空がソウル~ナイロビ間のフライトがあり、大韓航空のソウル経由で(成田~ソウル:2時間のフライト、ソウル~ナイロビ:≒12時間のフライト)ナイロビに飛びました。
 ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港に早朝到着、空港で現地を案内するスルーガイドのカリウキ氏と会い、23名の参加者と共にサファリバスに乗りこみました。


a0265945_23141980.jpg

ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港


a0265945_23145883.jpg

サファリバス


 途中の景色

a0265945_23182937.jpg


a0265945_2318508.jpg



a0265945_2319121.jpg




 先ず、その日はマサイマラ国立動物保護区へ。バスで約6時間のドライブ。途中、The Great Rift Vally(大地溝帯)のビューポイントに立ち寄ります。

a0265945_23163339.jpg



a0265945_23172914.jpg



 4月は雨期になりますが、好天に恵まれ、素晴らしい大地の眺めを目の前にして、深呼吸!

a0265945_2320945.jpg



 大地の一部になんとサテライトの地球局を発見!(かつてTV局で働いていた時にお世話になったかも!)

a0265945_2321473.jpg

遠くにサテライトのお皿が!


a0265945_23212745.jpg

カフェの壁に描かれていたマップ


 その後も時々、町や集落のような村?を抜けて、マサイマラへ。

a0265945_23235740.jpg


a0265945_23243318.jpg

サテライトステーションを通過!


a0265945_23255393.jpg


a0265945_23262237.jpg


a0265945_23264995.jpg

放牧の姿はあちこちに


a0265945_23274882.jpg

途中でトイレ休憩!

a0265945_23284258.jpg

バスが止まった所にある木には鳥の巣が!

a0265945_23294375.jpg

きれいな黄色い鳥が!

a0265945_23304399.jpg




さらにバスは行く・・・
a0265945_2331269.jpg


a0265945_23321734.jpg

町?村?集落?を抜け、バスは行く…

a0265945_23332453.jpg



 マサイマラに近いロッジホテル「Siana Springs」にチェックイン&ランチを済ませて、午後~夕方のサファリに出掛けました。


a0265945_2334928.jpg

宿泊のロッジ「Siana Springs」、このロッジはステキ!でした!

==続く==
[PR]
by airmail-trvler | 2013-04-07 23:15 | S
a0265945_21302348.jpg

(2013年3月 仙台市内)
 

 大船渡に「つばきまつり」を見に行った帰り、仙台で一泊することにしました。夕方(17時ごろ)に大船渡を高速バスで出発、4時間半ほどで仙台に着きます(21時半ごろ)が、その時間で東京に帰る新幹線が丁度、終電という時間です。もしバスが遅れたら、JRで東京までその日のうちに帰るのは難しいので、仙台に泊まることにしました。

 仙台では、見たい美術展「若冲展」が仙台市立博物館で、また見たいボテロの彫刻作品が宮城県立美術館にあるので、この機会に見だいと思いました。

 一緒に行った友人も美術好きで、また彼女はお肉がNGのベジタリアン。彼女と出掛けると食事は海鮮ものか野菜が中心になります。特に彼女は牡蠣が大好物で、今回の旅行も三陸の牡蠣を食べるのを楽しみしていました。

 大船渡で牡蠣を!と考えていましたが、大船渡の牡蠣ハウス(牡蠣の食べ放題)は、週末は休み!でしたので今回は見送りました。そのかわり仙台では牡蠣を食べたい!と意気込んでいましたので、食事に関しては彼女任せにしました。




a0265945_21322249.jpg
 
仙台駅周辺の夜景

 21時半過ぎに仙台駅近くのバスターミナルに無事到着。


a0265945_2132463.jpg

JR仙台駅入口


 仙台駅近くのホテルにチェックインし、それから夜中までオープンしている牡蠣が食べられる牡蠣小屋「飛梅」に!

狭い店内はそれなりに混んでいましたが、すぐに席に案内され、お勧めの「焼き牡蠣」をメインに生牡蠣を頼み、ご飯好きの私は、牡蠣ご飯も注文。
テーブルに置かれた炭が入ったコンロでプリッと大きい牡蠣をふたをして蒸すように牡蠣を焼きます。あとはお兄さんに任せて焼き上がるのを待ちます。

a0265945_21333991.jpg


a0265945_2134187.jpg

美味しそうな牡蠣!

a0265945_21374293.jpg

お兄さんに任せる

a0265945_21405073.jpg



 海の塩味が効いているのか、調味料がなくても焼き牡蠣はそのままでも美味しくいただけるのです!自然と「おいし~~!」の連呼!焼いて、さらにジューシーさが増し、ホントに美味しい!
三陸の牡蠣は絶品!って感じです。生牡蠣もいただきましたが、どちらも美味しけれど、焼いた方がジューシーさがさらに出るので、焼き牡蠣の方が断然美味しい!って感じです。


a0265945_21411376.jpg

牡蠣ご飯も美味しい!


 牡蠣ご飯も牡蠣のエキスがたっぷり!でこちらも美味!本当に満足な食事でした!



 翌日は、ホテルでの簡単な朝食を済ませて、仙台駅のバスターミナルへ!仙台市内は「仙台るーぷる」という観光地を中心に回る巡回バスがありますので、1日乗り放題のチケットを買って、るーぷるに乗り込み、先ず、仙台市博物館へ。

a0265945_21451910.jpg

レトロなデザインのバス:るーぷる

a0265945_21431269.jpg


a0265945_21455595.jpg

作品「逓」

a0265945_21462240.jpg

手紙を運ぶ郵便屋さん!!



 公園にある仙台市博物館の建物もそれなりのデザインで、入り口前には「逓」というタイトルの郵便配達員が主役の大きな作品が置いてあり、郵便好きとしては、個人的に嬉しくなるような作品でした!

a0265945_21471276.jpg

博物館の建物

a0265945_21473988.jpg

博物館の入口



 肝心の博物館では「若冲が来てくれました」(東日本大震災復興支援の特別展)が開催中で、若冲のコレクターでもある米・ロサンゼルス在住のプライス夫妻が持っているコレクションを無償での貸し出しの展覧会です。

a0265945_21482441.jpg



 なかなか見るチャンスのない若冲の作品が見れるとあって、会場は混んでいました。100点余りの作品はどれも見ごたえがあり、作品によってはとてもユーモラスだったり、迫力があったり、知性を要求されるような作品もあったりと、どれも興味深いものばかり!

仙台まで見に行って良かった!です。

a0265945_2149449.jpg


 仙台るーぷるに乗って、次は宮城県立美術館へ。


a0265945_2149415.jpg

美術館前


a0265945_21504021.jpg



 美術館ではレストラン・カフェに力を入れいるようで、ランチをそこにあるカフェ・モーツァルトフィガロで取ることに。


a0265945_2151534.jpg

カフェ・モーツァルトフィガロ


 友人は春らしいパスタを、私はカレーをいただきました。

a0265945_21515995.jpg

春らしいパスタ!

a0265945_21522730.jpg

カレー♪

a0265945_21525174.jpg

デザートのフルーツタルト!



 腹ごなしをして、先ず見たかったボテロの作品「猫」を見に、中庭の「アリスの庭」へ。(ここは無料)

 階段を下りて行くと、中庭の広場にいました!いました!巨大な猫ちゃんが!!

a0265945_21534217.jpg


 「ぽっちゃり」、「丸い」印象のボテロの作品ですが、こちらの猫ちゃんもパーツがぷっくりしたような、いかにもボテロ!な作品です。

a0265945_21542091.jpg


 どこかユーモラスで、迫力があって、パワーを感じる作品だと思います!!

a0265945_21545850.jpg


a0265945_21552698.jpg


 猫ちゃんを前から、横から、後ろから…とグルグル見て回りました!もう見れただけでも満足!ですね!心、ウキウキ!ではないけれど、テンションが上がります!

a0265945_2155539.jpg


a0265945_2156127.jpg


a0265945_21563614.jpg


a0265945_2157330.jpg




 中庭には他にもウサギやカエルのような動物をテーマにした作品が並んでいます。

a0265945_21573310.jpg


a0265945_21575122.jpg


a0265945_21581352.jpg

 

 その後、美術館の常設展を見て(友人は見たかった画家の作品が展示されていたので、いたく感激!していました)、また仙台るーぷるの乗って仙台駅へ。駅近くの、8月には七夕で賑わうアーケード街に行ってみました。


a0265945_2201548.jpg




 アーケード街の一角に雰囲気の違う空間が…

a0265945_2203948.jpg


 行ってみると、そこに商売の神様の「仙台太郎」さまがおりました!

a0265945_22145.jpg

ありがたい笑顔!あやかりたいです!!



 アーケード街の一角に「牡蠣」を出すレストラン「オイスターハウス ヤマト」を発見!仙台で夕食を食べてから8時の東北新幹線で東京にも戻る予定でいましたので、再度、牡蠣を食べて東京に帰ろう!と決めていました。

雰囲気の良い、ワインセラーもしっかりあるレストランで、生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣の炒め物等牡蠣三昧の食事をいただきました!(牡蠣のフルコースもあります!)


a0265945_2221657.jpg


a0265945_2223450.jpg


a0265945_2224925.jpg

牡蠣のお好み焼きも美味しい!


 こちらの牡蠣は瀬戸内海の牡蠣だそうで、昨夜の牡蠣小屋の地元三陸の牡蠣より一回り小さく、ジューシーさも比べると少し弱めという感じの牡蠣なので、どちらがというと焼き牡蠣より生牡蠣の方が美味しくいただけた感じです。その差はほとんど変わりがないので、生でも焼いても美味しい牡蠣でした!(昨夜の牡蠣もこちらの牡蠣も、牡蠣1つが280円前後!東京に比べると安い!という印象です。)


a0265945_2234649.jpg

仙台駅で


 十分に牡蠣を食べ、ワインを飲んで、お店を後にしました。仙台の1日は牡蠣で舌を楽しみ、美術で目を楽しみと、大満足でした!仙台にまた牡蠣を食べに行きたい!という感じです!!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-03-25 23:30 | S
a0265945_1551695.jpg

(2013年3月 銀座にて)
 

 
 過去の旅行を思い出して書いてみようと…
今回は2004年3月7~11日に上海に行った時のこと。

この時は3度目の上海で、仕事(国際会議の運営事務局)で行きました。

上海空港に降り立ち…

a0265945_1554610.jpg

上海浦東国際空港


 会議が開催され、宿泊するホテルが「コートヤードマリオット上海プドン (上海齐鲁万怡大酒店)」でした。

 上海の中心を流れる黄浦江の東側にあり、開発著しい地域。新しい建物が建つ中、ホテル周辺にはまだまだ以前の面影を残したところがあります。


a0265945_1571988.jpg


 ホテルの部屋に荷物を置いて…

a0265945_1573642.jpg

ホテルの部屋からの眺め

a0265945_1575277.jpg

モダン・上海!


 会議の会場や準備状況をチェック。

a0265945_1591141.jpg

VIPがつける花がとっても華やか!中国っぽい!


 会議は2日間ですが、3日目にはテクニカルツアーで会議に関係する施設の見学が組まれています。仕事は会議の運営サポートで、裏方として滞りなく会議が進めることです。

 会議中は(仕事で行っているので当たり前ですが)ほとんど自由な時間はなく… 事務局内で、交代で休憩時間を取り、その時にパパッとホテル周辺を回ってみました。

 庶民的なエリアの生活の一コマを垣間見る感じです。

a0265945_201597.jpg


a0265945_202920.jpg


a0265945_204817.jpg


a0265945_21936.jpg

天秤棒で担ぐ姿に目が行く!

a0265945_221056.jpg


a0265945_222761.jpg


 現在はこの時から8年も経っています。成長・発展著しい中国ですから、もうこの写真にあるような光景はなくなっているかも… (ホテルはちゃんとありますが…)
 

 3日目のテクニカルツアーは、上海郊外の施設訪問です。施設、といっても会議は天然ガス関係ですから、天然ガス関係の会社訪問や、天然ガス関連の施設に行きます。


a0265945_22524.jpg

郊外に向かう…

a0265945_232758.jpg

上海の中心を出ると見えてくる光景…

a0265945_241952.jpg


a0265945_243697.jpg


a0265945_245246.jpg


 “現場”ではヘルメットを被って見学!です。

a0265945_251618.jpg


 普通では行かない(行けない?)スポットの見学をして(参加者の皆さんは、世界中の天然ガス関係者なので、現場でいろいろ教えていただきました)、しみじみ中国の発展の早さを知り、歩みが遅くなってしまった日本に対し不安を感じたのを覚えています。(それから9年… 日本は…停滞してますよね…)

 会議も終わり(ホッとして)、スタッフで打上げに上海の夜に繰り出したのでした!

a0265945_254091.jpg


a0265945_255464.jpg



 この時の会議は、直前にロシア代表の方が出発の空港で倒れて亡くなることがあり、エクゼクティブミーティングはどうなることやら…と心配でした。しかし問題なく会議が終わり、本当にホッとしたのでした。

 仕事で仕方ないとはいえ、黄浦江を渡って西側、バンドに行くことなく上海滞在は過ぎたのでした。
 
この時は3度目の上海でしたが、それまでの上海は浦西のバンド、南京東路辺りが中心でしたので、浦東は初めてでした。行かないような所に行けたのは面白かったのですが、自由な時間がほとんどなかったので、またゆっくり行きたい!!と思っています。

 今の上海はもっと進化していると思いますので、本当に改めて見てみたいです!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-03-11 23:45 | S
a0265945_4501639.jpg

(2012年12月 ヘルシンキ・ヴァンター国際空港にて)

 スペイン・ツアーだけど、日本からのフライトはフィンランド航空を利用、行き帰りはヘルシンキ・トランジットに。

 バルセロナの空港でピンチョスをいただき…


a0265945_4513715.jpg

最後までスペイン料理にこだわりたい!


 フィンランド航空機に乗り込み(タラップ式はちょっと感動しますよね!)ヘルシンキへ。

a0265945_4524432.jpg

テンションも上がるタラップ式!


a0265945_4562042.jpg

寒そうな山を越え…

 ヘルシンキではムーミンの他に目に付いたキャラクターは「アングリーバード」です。フィンランド発のi-phone用のゲームのキャラクターです。


a0265945_4545082.jpg
a0265945_4543367.jpg
a0265945_4552861.jpg
a0265945_4551084.jpg


 フィンランドは外もスノーだし、スノーボールが似合う都市って感じがします
またスノーマンがプリントされたコーヒー入りのカップを機内に持ち込んで、スペインのお菓子「ポルポロン」をお茶受けにいただきました!

a0265945_4572054.jpg

機内で早速、Tea Time!

 今回のスペイン、楽しかったです!バルセロナは楽しい街なので、今度はバルセロナに1週間くらいでもフリータイムで行きたいです!
[PR]
by airmail-trvler | 2012-12-12 23:30 | S
a0265945_4251248.jpg

(2012年12月 スペイン、バルセロナの空港にて)


 スペイン旅行のハイライト、バルセロナのサクラダ・ファミリアの見学を終え、夜の自由な時間は町の中心へ。

 12月のクリスマス前なので、街中がクリスマス・イルミネーションで輝いている時でした。

a0265945_4261372.jpg

バルセロナで有名な文房具店「Raima」

a0265945_429391.jpg


a0265945_4312824.jpg



 夜遅くまでオープンしているピカソ美術館に行ったり、中央郵便局で切手を買ったり(私が切手を収集しているもので…)、ステーショナリーショップに寄ったり… また何より、地中海の海の町でもあるバルセロナは魚介類が美味しい都市!そしてバールの国スペインなので、バールの梯子に!!


a0265945_4334774.jpg

ケーキ屋さん「Bubo」が始めたバールに

a0265945_4352689.jpg
a0265945_436744.jpg

食事はどれを頼んでも美味しい!モダンです!

a0265945_4355524.jpg

ケーキ屋さんが始めたので、デザートのケーキも秀逸!これはオレンジとチョコのケーキ♪

a0265945_4381170.jpg
a0265945_4383164.jpg

エスカルゴが食べたくて入ったバールのエスカルゴ!


a0265945_44093.jpg

遅くまで開いているバルセロナ中央郵便局で切手を買う
これは郵便局の裏に止まっていた郵便配達自転車


a0265945_4414695.jpg

夜中のバルセロナを彷徨い、オイスターを出すバールを探す…


a0265945_4424541.jpg
a0265945_4431594.jpg

バール3軒目は、生牡蠣を出すバールに!
白ワインといただきます♪


 スペインの夜は遅くまでにぎわっているので、バール3軒梯子して、バルセロナの食も楽しみました!
本当に充実したスペインのツアーでした!楽しかったです!!
[PR]
by airmail-trvler | 2012-12-11 23:45 | S
a0265945_410813.jpg

(2012年12月 スペイン・バルセロナの中央郵便局にて)


 サクラダ・ファミリア… 初めて行ったのは1986年の夏です。当時は建設の資金もなく、遅々として建設が進ます… 100年後の完成を目指すということでしたが、とても100年後に完成するとは思えないような、建設作業の様子でした。

 1992年にバルセロナオリンピックが開催されて、風向きが変わったのか、世界中から寄付が届き、建設資金が潤沢に。そして建設が進み、2010年にはローマ教皇を招いてのミサを執り行い、サクラダ・ファミリアはバシリカになりました。

 26年前は、まだ教会のその側の壁しかないような状態で、天井もなく、まるで建設中というより、天井が落ちた廃墟のような感じがしました。

 実際に26年振りに行ってみて、こんなに出来上がったとは!驚嘆!!でした。

a0265945_41195.jpg



 正面にも彫刻が配され、ファサードらしい風格が出ています。


a0265945_4114849.jpg
a0265945_412771.jpg
a0265945_412289.jpg
a0265945_413390.jpg



 実際に教会内に入る入り口:受難のファサードは現代のモダンな彫刻群に向かえられます。

a0265945_4133772.jpg
a0265945_4135360.jpg
a0265945_414712.jpg



 そして中に入ると、ガウディの独特の装飾のあるデザインに圧倒されます!

a0265945_4144357.jpg



a0265945_4153599.jpg

a0265945_4162163.jpg
a0265945_4164188.jpg

天井も美しい!!


a0265945_4174054.jpg
a0265945_417592.jpg

神々しい光が降り注ぐ


 しばし呆然と、その場にただずみ…

 またデザインの美しさに魅入ってしまい…

 教会内部全体の柔らかさ、優しさに包まれる…

 ある意味でのものすごいパワースポットだと感じます!


 とにかく私は驚いたのです。26年前に100年後には完成すると言われていたけれど、その建設の様子を見て、100年経っても完成どころか、建設が進まず、変化もないのでは、と思っていました。

 それがまだ建設中とはいえ、雨風をしのいでもうしっかり人が集ってミサが出来る教会になっていたことにビックリしました!
 
 もうちゃんとした教会じゃないの!そこまで出来上がっていたことに驚嘆!だったのです。

 すごいわ~!ガウディの教会は見る価値あり!です!!

 本当にここ1~2年の旅は、以前に行ったことがある場所に再度、行ってみてその変化に驚き、感動するというパターンが増えてきました。

 変わらないと思っていたものがガラリと変わってしまっていることに興味を覚えます!
 
 諸行無常ですね。。。

 常に変わりゆくサクラダ・ファミリア、時々は何処までできたのか行ってチェックしないと!ですね。
一応、完成は2026年とのこと。

 以前に行った時は、もう勝手にあちこち好きに見て回れた、塔も好きに上ることが出来ましたが、現在、塔に登るのは予約制だとか。WEBで予約出来ます。

 WEBで予約だなんて、ガウディもこのことを聞いたらビックリするのでは?と思います。

 とにかく、現在の素晴らしいサクラダ・ファミリアを見ることが出来て、良かった!としみじみ思っています。
[PR]
by airmail-trvler | 2012-12-11 23:15 | S