<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0265945_16524112.jpg

(2012年6月 東京・中央区 新大橋近く)

 
 千葉県の市川市は私の出身地です。生れてからロンドンに移る25年まで、また8年のロンドン滞在から帰国して、2000年になる1999年12月31日まで5年半ほど市川に住んでいました。
 
 住んでいた時から市川の大野に市川動植物園がある、ということは知っていましたが行ったことはありませんでした。動物園は嫌いではなく、海外に行った時も時間があるとその都市の動物園に行ったりします。

 いつでも行けるからか、市川の動植物園には行ったことがありませんでした。

 6月になり、某ブログで知り合った方が東京の都下にお住まいなんですが、「市川動植物園はいい!ゆっくり出来るのでよく行くスポット!」と聞き、初めて行ってみよう!と心が動いたのです。

 動物園に一人で行くのはちょっと寂しいかも?と思い、運動が必要な母親を連れて行くことにしました。市川に住む母親は以前に行ったことがあるとは言ってました。

 さてさて、梨畑が続く市川の大野の梨畑に埋もれるように動植物園の入り口があり、入っていくと、先ず動物園(動物園は有料)、動物園の奥に公園のように植物園がありました(植物園は無料)。

 動物園はそう広くはなく、大人しい動物ばかり!ですが、こんなところにカパビラがいるなんて!!とカパビラにここで会えるとは思っていなかったので、カパビラが何頭もいることにビックリ!!しました!


a0265945_16544577.jpg


 
 カパビラは、以前にパナマに行った時、自然の多い森と沼地のあるリゾートホテルに滞在した時に、野生のカパビラを見たことがあります。
 夜にナイトサファリと称し、静かな電気自動車で沼地の方まで行き、暗闇に猫のように目が光るカパビラを見ましたし(ハッキリって、暗いので目と何となく輪郭を見た、という感じ)、朝になると、なんとホテルの中庭にヒョコヒョコと野生のカパビラがやって来るのです!

 そのなんともユーモラスな動きがホッとさせる効果があるのか、じっと見入ってしまいました。野生のカパビラの実物を見たことがありますが、南米のアマゾン川流域に生息するカパビラに市川で再開するなんて(もちろん違うカパビラですが)もうビックリでした!

 カパビラの折の前には何度も来ているカパビラ好きのカップルがビデオをずっと回しながら、カパビラの動きを楽しんでいました。カパビラファンにとっては、市川動物園は穴場かも?と思います!!


a0265945_16551393.jpg


 他には動きが鋭いというのかユニークなミーアキャットもいました。猿山も猿もそうですが、動物園は動物の動きをみているだけでも楽しくなります。
 
 ただ、動物の置かれている環境にもよりますよね。市川動物園では感じませんでしたが、国によっては動物に対する考えがまちまちなので、稀にひどい環境にある動物園の動物を見ると気の毒で見てられなくなります。動物虐待に近いと本当に辛くなる動物園もありますし…

 そういう思いをせずに動物が見れるので、市川動物園はたまに行くのはいいかもと思いました。
 
 
 裏手にある植物園は、市川市の市の花の「バラ」を中心にしたバラ園もありますので、バラの咲いている季節に行くにはおススメです!


a0265945_16563173.jpg
 

 動物園の脇にある木がうっそうとした小道を抜けて行くと池があり、その池の先にバラ園があります。


a0265945_16555197.jpg



 大木の木のエネルギーももらえそうな自然あふれる環境があり、元気が無くなったらここに来て自然のエネルギーをもらったり、動物のユーモラスな動きにほっこりして心を和ませたり…と東京からそう遠くなく、穴場なスポットだと思います!!

市川動植物園:http://www.city.ichikawa.lg.jp/zoo/index.html


P.S. 動物園としては「レッサーパンダ」が売り物のようです。レッサーパンダは、1981年に中国・四川省の楽山市との友好都市提携した時に確かその記念に最初のレッサーパンダが中国から贈られてから飼育を続けているのだと思います。
 千葉動物園のレッサーパンダの「風太」君くらいの芸があると、もっと人がやって来る動物園になったかも…

 木の上で寝ているだけじゃ…

a0265945_1656566.jpg

[PR]
by airmail-trvler | 2012-06-07 23:30 | Z
a0265945_1740836.jpg

(2012年 調布飛行場入口にて)

 
 調布にセスナ専門の飛行場がある、あるいは取材用のヘリが離発着する飛行場があるというのは知っていましたが、私のような一般人が利用する空港ではないので、ただ、調布にそういう飛行場があるという知識はありました。

 あることからその飛行場に行くことになりました。

きっかけはブログ。ブログで知り合った方とメールで連絡を取るようになり、物を送ることになって実際の住所を知ることになる。その方は調布に住んでいることがかわる、グーグルマップでその住所は調布のどの辺だろう?とチェックする。その近くにランドマークのように「調布飛行場」があることを知る。

 もちろんストーカーではありませんので、だからそこに行ってみるということはしませんが、住んでいる近くに調布飛行場があるという知識が頭に入りました。

 その後、新宿に住む友人宅を訪れる約束をし、その約束の時間まで時間があったので、友人宅の近くのカフェで時間潰しをすることになりました。そのカフェにあった「カフェ・ムック オープンエアーのカフェ」特集みたいな本を手に取り、パラパラを見いていたら、オープンエアーではないけれど、「空に近いカフェ」として調布飛行場にある「プロペラ カフェ」が紹介されていました。おススメはランチ!なんて書いてあって!

 へぇ~、調布飛行場って一般の人は入れないと思っていたら、カフェは利用できるんだ!カフェが飛行場に向いているので、飛行機が飛ぶのを見ながら食事が出来るんだ!行ってみよう!

 
 と単純なキッカケでプロペラ カフェに行きたくなりました。一人で行くのも何ですから、その調布に住む方を誘って行くことにしました。


a0265945_17424224.jpg


入り口には「調布飛行場」の看板があります。


a0265945_1743350.jpg


飛行機関係の会社の建物が見えてきます。


a0265945_17432827.jpg


いよいよ「プロペラ カフェ」がある建物へ。建物の反対側が飛行場。


 
 調布に住んでいる方は、プロペラ カフェがご近所ということもあり、すでにカフェは利用したことがあるとのこと。実際にプロペラ カフェでお会いして、おススメのサンドウィッチをオーダーしました!


a0265945_1746339.jpg



 中味がギッシリ詰まったサンドウィッチを崩れないように押えている楊枝の先に付いた旗に飛行機のイラストがあるのがいいですよね!飛行場で食事している!って感じが溢れてきます!気分が上がる~!ですよね。


a0265945_17464187.jpg




  実際にセスナは個人所有を預かっているようで、普段ではあまり飛び立つことが少ないとも。

 この時は、調布に住んでいる方と初めてお会いしたので、私の方が窓(飛行場側)に背を向けて、おしゃべりに夢中になってしまったので、数少ないセスナが飛んで行くのを見逃してしました!!

 こういうことがなかったらこのプロペラ カフェに来ることはなかったでしょう。別にプロペラ カフェに行ったからと人生に大きな影響があるわけでもありませんし、わざわざ行くなんて無駄に感じる人もいるかもしれませんが、そういう無駄に見える行動が何か人生では大事なのではないか?って思ったりします。

 人生は旅ですから、濃い旅にしたいな~と思ってます!
[PR]
by airmail-trvler | 2012-06-04 23:30 | C