<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0265945_21302348.jpg

(2013年3月 仙台市内)
 

 大船渡に「つばきまつり」を見に行った帰り、仙台で一泊することにしました。夕方(17時ごろ)に大船渡を高速バスで出発、4時間半ほどで仙台に着きます(21時半ごろ)が、その時間で東京に帰る新幹線が丁度、終電という時間です。もしバスが遅れたら、JRで東京までその日のうちに帰るのは難しいので、仙台に泊まることにしました。

 仙台では、見たい美術展「若冲展」が仙台市立博物館で、また見たいボテロの彫刻作品が宮城県立美術館にあるので、この機会に見だいと思いました。

 一緒に行った友人も美術好きで、また彼女はお肉がNGのベジタリアン。彼女と出掛けると食事は海鮮ものか野菜が中心になります。特に彼女は牡蠣が大好物で、今回の旅行も三陸の牡蠣を食べるのを楽しみしていました。

 大船渡で牡蠣を!と考えていましたが、大船渡の牡蠣ハウス(牡蠣の食べ放題)は、週末は休み!でしたので今回は見送りました。そのかわり仙台では牡蠣を食べたい!と意気込んでいましたので、食事に関しては彼女任せにしました。




a0265945_21322249.jpg
 
仙台駅周辺の夜景

 21時半過ぎに仙台駅近くのバスターミナルに無事到着。


a0265945_2132463.jpg

JR仙台駅入口


 仙台駅近くのホテルにチェックインし、それから夜中までオープンしている牡蠣が食べられる牡蠣小屋「飛梅」に!

狭い店内はそれなりに混んでいましたが、すぐに席に案内され、お勧めの「焼き牡蠣」をメインに生牡蠣を頼み、ご飯好きの私は、牡蠣ご飯も注文。
テーブルに置かれた炭が入ったコンロでプリッと大きい牡蠣をふたをして蒸すように牡蠣を焼きます。あとはお兄さんに任せて焼き上がるのを待ちます。

a0265945_21333991.jpg


a0265945_2134187.jpg

美味しそうな牡蠣!

a0265945_21374293.jpg

お兄さんに任せる

a0265945_21405073.jpg



 海の塩味が効いているのか、調味料がなくても焼き牡蠣はそのままでも美味しくいただけるのです!自然と「おいし~~!」の連呼!焼いて、さらにジューシーさが増し、ホントに美味しい!
三陸の牡蠣は絶品!って感じです。生牡蠣もいただきましたが、どちらも美味しけれど、焼いた方がジューシーさがさらに出るので、焼き牡蠣の方が断然美味しい!って感じです。


a0265945_21411376.jpg

牡蠣ご飯も美味しい!


 牡蠣ご飯も牡蠣のエキスがたっぷり!でこちらも美味!本当に満足な食事でした!



 翌日は、ホテルでの簡単な朝食を済ませて、仙台駅のバスターミナルへ!仙台市内は「仙台るーぷる」という観光地を中心に回る巡回バスがありますので、1日乗り放題のチケットを買って、るーぷるに乗り込み、先ず、仙台市博物館へ。

a0265945_21451910.jpg

レトロなデザインのバス:るーぷる

a0265945_21431269.jpg


a0265945_21455595.jpg

作品「逓」

a0265945_21462240.jpg

手紙を運ぶ郵便屋さん!!



 公園にある仙台市博物館の建物もそれなりのデザインで、入り口前には「逓」というタイトルの郵便配達員が主役の大きな作品が置いてあり、郵便好きとしては、個人的に嬉しくなるような作品でした!

a0265945_21471276.jpg

博物館の建物

a0265945_21473988.jpg

博物館の入口



 肝心の博物館では「若冲が来てくれました」(東日本大震災復興支援の特別展)が開催中で、若冲のコレクターでもある米・ロサンゼルス在住のプライス夫妻が持っているコレクションを無償での貸し出しの展覧会です。

a0265945_21482441.jpg



 なかなか見るチャンスのない若冲の作品が見れるとあって、会場は混んでいました。100点余りの作品はどれも見ごたえがあり、作品によってはとてもユーモラスだったり、迫力があったり、知性を要求されるような作品もあったりと、どれも興味深いものばかり!

仙台まで見に行って良かった!です。

a0265945_2149449.jpg


 仙台るーぷるに乗って、次は宮城県立美術館へ。


a0265945_2149415.jpg

美術館前


a0265945_21504021.jpg



 美術館ではレストラン・カフェに力を入れいるようで、ランチをそこにあるカフェ・モーツァルトフィガロで取ることに。


a0265945_2151534.jpg

カフェ・モーツァルトフィガロ


 友人は春らしいパスタを、私はカレーをいただきました。

a0265945_21515995.jpg

春らしいパスタ!

a0265945_21522730.jpg

カレー♪

a0265945_21525174.jpg

デザートのフルーツタルト!



 腹ごなしをして、先ず見たかったボテロの作品「猫」を見に、中庭の「アリスの庭」へ。(ここは無料)

 階段を下りて行くと、中庭の広場にいました!いました!巨大な猫ちゃんが!!

a0265945_21534217.jpg


 「ぽっちゃり」、「丸い」印象のボテロの作品ですが、こちらの猫ちゃんもパーツがぷっくりしたような、いかにもボテロ!な作品です。

a0265945_21542091.jpg


 どこかユーモラスで、迫力があって、パワーを感じる作品だと思います!!

a0265945_21545850.jpg


a0265945_21552698.jpg


 猫ちゃんを前から、横から、後ろから…とグルグル見て回りました!もう見れただけでも満足!ですね!心、ウキウキ!ではないけれど、テンションが上がります!

a0265945_2155539.jpg


a0265945_2156127.jpg


a0265945_21563614.jpg


a0265945_2157330.jpg




 中庭には他にもウサギやカエルのような動物をテーマにした作品が並んでいます。

a0265945_21573310.jpg


a0265945_21575122.jpg


a0265945_21581352.jpg

 

 その後、美術館の常設展を見て(友人は見たかった画家の作品が展示されていたので、いたく感激!していました)、また仙台るーぷるの乗って仙台駅へ。駅近くの、8月には七夕で賑わうアーケード街に行ってみました。


a0265945_2201548.jpg




 アーケード街の一角に雰囲気の違う空間が…

a0265945_2203948.jpg


 行ってみると、そこに商売の神様の「仙台太郎」さまがおりました!

a0265945_22145.jpg

ありがたい笑顔!あやかりたいです!!



 アーケード街の一角に「牡蠣」を出すレストラン「オイスターハウス ヤマト」を発見!仙台で夕食を食べてから8時の東北新幹線で東京にも戻る予定でいましたので、再度、牡蠣を食べて東京に帰ろう!と決めていました。

雰囲気の良い、ワインセラーもしっかりあるレストランで、生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣の炒め物等牡蠣三昧の食事をいただきました!(牡蠣のフルコースもあります!)


a0265945_2221657.jpg


a0265945_2223450.jpg


a0265945_2224925.jpg

牡蠣のお好み焼きも美味しい!


 こちらの牡蠣は瀬戸内海の牡蠣だそうで、昨夜の牡蠣小屋の地元三陸の牡蠣より一回り小さく、ジューシーさも比べると少し弱めという感じの牡蠣なので、どちらがというと焼き牡蠣より生牡蠣の方が美味しくいただけた感じです。その差はほとんど変わりがないので、生でも焼いても美味しい牡蠣でした!(昨夜の牡蠣もこちらの牡蠣も、牡蠣1つが280円前後!東京に比べると安い!という印象です。)


a0265945_2234649.jpg

仙台駅で


 十分に牡蠣を食べ、ワインを飲んで、お店を後にしました。仙台の1日は牡蠣で舌を楽しみ、美術で目を楽しみと、大満足でした!仙台にまた牡蠣を食べに行きたい!という感じです!!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-03-25 23:30 | S
a0265945_448246.jpg

(2013年3月 大船渡市内)

 数年前からあるきっかけで椿に興味を持つようになりました。(花は何でも好きですが、今は椿にとても興味があります!)2年前の2011年2月の終わりに岩手県の大船渡でつばきまつりが開催されているのを知り、椿見たさに行こうと思い立ちました。

 大船渡にどう行こう?と、東北新幹線と在来線で行こうか?飛行機で盛岡まで飛んで、そこから在来線で行こうか?バスにしようか?等と考えているうちに、3月11日の地震と津波で「つばきまつり」どころではなくなってしまいました。

 それから2年経ち、まだまだ復興はこれからという感じですが、「椿の里」大船渡では、椿で町の復興を発信するとか。今年こそは是非、行ってみたいと思い、友人を誘い開催最終日(3月24日)に間に合うように行くことにしました。

 大船渡へ行くにはJRの在来線の大船渡線の一部が東日本大震災・津波の影響でバスによる振り替え輸送中。また「つばきまつり」会場のある大船渡の碁石は、大船渡の中心から離れていて、ローカルバスで40~50分掛かるとのこと。
出発の時間や乗換えのことをいろいろ考えて出たルートが、22日の夜行バスで池袋から大船渡に向かうというもの。早朝に大船渡に着き、その日はつばきまつりや大船渡市内を見て、夕方の高速バスで仙台へ。仙台で宿泊し、翌日は仙台で美術館巡りをし、夜の新幹線で東京に戻って来る、というスケジュールとなりました。


a0265945_4533877.jpg

(池袋東口にて)


東京から大船渡行きの夜行バスは23時に池袋の西口公園から出発します。友人と9時に池袋西武にあるベトナム料理店で待ち合わせて、遅めの夕食を取ることにしました。

a0265945_4545429.jpg



海鮮の中心のベトナム料理をいただき、西口に移動。西口公園の夜桜見物をしながら、バスが来るのを待ちました。


a0265945_456336.jpg

西口公園の桜の木の下で


 大船渡までの所要時間は約8時間、仙台~一関~陸前高田を通って大船渡に。バスにはトイレがなく、途中、2時間おきに高速道路のサービスエリアや道の駅でトイレ休憩を取りながらの運行です。


a0265945_457868.jpg

国見サービスエリアにはポストがあるので、こちらからも手紙が出せます!!


 最初に国見サービスエリアに止まり、次に止まったところは…(寝てしまったのでパス!)、最後に岩手県一関市の道の駅「かわさき」でトイレ休憩。(朝の5時位なので、道の駅は閉まっていますが、トイレは使用可能になっています。何となく空が気持ち明るくなってきました。

a0265945_459314.jpg



 陸前高田市の市役所前がバス停で降りる人もいます。陸前高田に来る頃には明るくなってきました。

 
a0265945_501645.jpg



 陸前高田の市内の中心から海沿いの道へ。海沿いの一帯は、瓦礫はほとんど片付けられ、伸びた草が時間が経っていることを表しているかの如く。津波で陸に上がった船がそのままに。船の横を通って大船渡へ。


a0265945_512175.jpg

バスの前方に津波で打ち上げられた船


 朝の7時過ぎに市内の中心、「盛駅」近くのサンリアショッピングセンター前のバス停に到着。そのバス停から「つばきまつり」の会場がある碁石へのバスが出ますが、バスが来るのが9時過ぎ!

a0265945_524062.jpg

早朝のサンリアショッピングセンター前


 碁石行きのバスが来るまで市内を散歩することに。教会があったり、津波の避難場所になっている高台に神社があったり、市内をプラッと回り、コンビニでサンドウィッチとコーヒーを買って朝食に!


a0265945_544717.jpg

教会

a0265945_554657.jpg

神社は高台の上に

a0265945_564015.jpg

町中の印刷屋さんのウインドウに貼ってあった


a0265945_582431.jpg

地元のキャラクター「おおふなトン」

a0265945_593193.jpg

盛駅


 
 何とか時間を潰して、ローカルバスで碁石に向かいます。

a0265945_5104178.jpg

ローカルバス車内


 碁石には風光明媚な碁石海岸があります。先ず、碁石海岸の展望台へ行ってみることにしました!

 展望台からの眺めの素晴らしさは百聞は一見しかず!写真をご覧あれ。

a0265945_5115118.jpg


a0265945_512161.jpg


a0265945_5123733.jpg


a0265945_513632.jpg


a0265945_5134588.jpg


a0265945_5141514.jpg



 碁石の「世界の椿館」の近くにあるレストラン&お土産屋さんにレンタル自転車があるので、それを借りて(無料)、碁石海岸の絶景スポット「穴通磯」に行ってみることにしました。自転車に乗るのは久し振り!坂道を下りたり上ったり…で「穴通磯」に到着。


a0265945_516921.jpg


 
 こちらの絶景はこれです!

a0265945_515796.jpg


a0265945_5165384.jpg


a0265945_5172735.jpg


a0265945_518550.jpg
 

a0265945_5184747.jpg



 素晴らしい景色とつばきまつり(この前のブログに「つばきまつり」のことをUPしています)を思い出に、またローカルバスで大船渡の中心のサンリアショッピングセンターへ。そこで遅めのランチの海鮮ラーメンをいただきました。


a0265945_5192391.jpg

麺はグリーンのワカメ麺


 お腹もいっぱいになり、ちょっとサンリアショッピングセンターをウロウロ。夕方、サンリアショッピングセンター前のバス停から出る高速バスに乗って、仙台へ。所要時間は4時ほど。21時過ぎに仙台に着きます。

 途中の海沿いの震災・津波の被害が大きかったエリアをまた通ります。


a0265945_5204355.jpg

津波の被害が大きい大船渡の漁港


a0265945_5225665.jpg

「陸前高田駅」:在来線が復旧していないので、バス運行となっている。その駅。


 仙台のことは次のブログで!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-03-24 23:45 | O
a0265945_2214016.jpg

(2013年3月 大船渡市碁石)


 3月24日まで開催されている「つばきまつり」を見に、岩手県大船渡に行って来ました。 


a0265945_2224091.jpg



 岩手県大船渡市は椿の里として知られ、世界の椿館があります。この季節、そこには世界13か国600種類の椿が咲き乱れます!


a0265945_2231745.jpg

「つばきまつり」が開催中の世界の椿館


 いろいろな椿があり、どれもステキです!

a0265945_2243041.jpg


a0265945_2245267.jpg


a0265945_225679.jpg


a0265945_2252712.jpg


a0265945_2254218.jpg


a0265945_2255979.jpg




a0265945_2263235.jpg


a0265945_2265389.jpg


a0265945_227765.jpg


a0265945_2272476.jpg


a0265945_2273954.jpg


a0265945_2275435.jpg


a0265945_2281075.jpg


a0265945_2282753.jpg


a0265945_2284479.jpg


a0265945_229694.jpg


a0265945_2292866.jpg


a0265945_2295079.jpg


a0265945_2301186.jpg


a0265945_2302892.jpg


a0265945_2304394.jpg


a0265945_231186.jpg


a0265945_2311837.jpg


a0265945_231361.jpg


a0265945_2315586.jpg


a0265945_232910.jpg


a0265945_2322224.jpg


a0265945_2323621.jpg


a0265945_2325259.jpg


a0265945_233544.jpg


a0265945_2331987.jpg


a0265945_2333580.jpg


a0265945_2335123.jpg


a0265945_2341470.jpg


a0265945_234319.jpg


a0265945_2344579.jpg


a0265945_235348.jpg


a0265945_2351936.jpg




 どの椿も甲乙付け難く、バラに負けない華やかさがあったり、また質素な佇まいを感じさせる椿があったりと、見ていて飽きません。椿の奥深さにハマりそうです!


a0265945_2354568.jpg

「椿の里」大船渡市のシンボルマーク
[PR]
by airmail-trvler | 2013-03-23 23:20 | C
a0265945_1551695.jpg

(2013年3月 銀座にて)
 

 
 過去の旅行を思い出して書いてみようと…
今回は2004年3月7~11日に上海に行った時のこと。

この時は3度目の上海で、仕事(国際会議の運営事務局)で行きました。

上海空港に降り立ち…

a0265945_1554610.jpg

上海浦東国際空港


 会議が開催され、宿泊するホテルが「コートヤードマリオット上海プドン (上海齐鲁万怡大酒店)」でした。

 上海の中心を流れる黄浦江の東側にあり、開発著しい地域。新しい建物が建つ中、ホテル周辺にはまだまだ以前の面影を残したところがあります。


a0265945_1571988.jpg


 ホテルの部屋に荷物を置いて…

a0265945_1573642.jpg

ホテルの部屋からの眺め

a0265945_1575277.jpg

モダン・上海!


 会議の会場や準備状況をチェック。

a0265945_1591141.jpg

VIPがつける花がとっても華やか!中国っぽい!


 会議は2日間ですが、3日目にはテクニカルツアーで会議に関係する施設の見学が組まれています。仕事は会議の運営サポートで、裏方として滞りなく会議が進めることです。

 会議中は(仕事で行っているので当たり前ですが)ほとんど自由な時間はなく… 事務局内で、交代で休憩時間を取り、その時にパパッとホテル周辺を回ってみました。

 庶民的なエリアの生活の一コマを垣間見る感じです。

a0265945_201597.jpg


a0265945_202920.jpg


a0265945_204817.jpg


a0265945_21936.jpg

天秤棒で担ぐ姿に目が行く!

a0265945_221056.jpg


a0265945_222761.jpg


 現在はこの時から8年も経っています。成長・発展著しい中国ですから、もうこの写真にあるような光景はなくなっているかも… (ホテルはちゃんとありますが…)
 

 3日目のテクニカルツアーは、上海郊外の施設訪問です。施設、といっても会議は天然ガス関係ですから、天然ガス関係の会社訪問や、天然ガス関連の施設に行きます。


a0265945_22524.jpg

郊外に向かう…

a0265945_232758.jpg

上海の中心を出ると見えてくる光景…

a0265945_241952.jpg


a0265945_243697.jpg


a0265945_245246.jpg


 “現場”ではヘルメットを被って見学!です。

a0265945_251618.jpg


 普通では行かない(行けない?)スポットの見学をして(参加者の皆さんは、世界中の天然ガス関係者なので、現場でいろいろ教えていただきました)、しみじみ中国の発展の早さを知り、歩みが遅くなってしまった日本に対し不安を感じたのを覚えています。(それから9年… 日本は…停滞してますよね…)

 会議も終わり(ホッとして)、スタッフで打上げに上海の夜に繰り出したのでした!

a0265945_254091.jpg


a0265945_255464.jpg



 この時の会議は、直前にロシア代表の方が出発の空港で倒れて亡くなることがあり、エクゼクティブミーティングはどうなることやら…と心配でした。しかし問題なく会議が終わり、本当にホッとしたのでした。

 仕事で仕方ないとはいえ、黄浦江を渡って西側、バンドに行くことなく上海滞在は過ぎたのでした。
 
この時は3度目の上海でしたが、それまでの上海は浦西のバンド、南京東路辺りが中心でしたので、浦東は初めてでした。行かないような所に行けたのは面白かったのですが、自由な時間がほとんどなかったので、またゆっくり行きたい!!と思っています。

 今の上海はもっと進化していると思いますので、本当に改めて見てみたいです!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-03-11 23:45 | S