<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0265945_0263851.jpg

(2013年8月 ドイツ・バイロイト祝祭劇場前にて)


 バイロイト音楽祭開催中、バイロイト祝祭劇場の横に臨時郵便局がオープンします。ただしオープンするのは、パフォーマンスが始まる2時間前から。

 手紙、切手好きの私としては郵便局は大事なスポット。旅では必ず行きたい場所です。

 今の時代、Eメールの時代に、手紙を書く人が少なくなり…(これは人の事は言えませんが…)手紙や切手が過去の遺物になってしまうのではないか?と不安がある中、バイロイトではちゃんと郵便局があり、この郵便局から手紙を出した証拠ならではの特別なデザインの消印の記念印があります。


a0265945_0273853.jpg



 今年の記念印はこちら!と言わんばかりに郵便局前に看板が出ます。やはりワーグナー生誕200年記念のワーグナーシルエットが描かれた記念印と、ワーグナーのオペラ「トリスタンとイゾルデ」をイラスト化した記念印の2種類です。

a0265945_0281448.jpg

 
 狭い臨時郵便局の中に入ってみると、お兄さんぽい郵便局スタッフが一人で切り盛りをしていました。窓口も1つ!


a0265945_029045.jpg


 窓口では切手も売っています。そして嬉しいことにワーグナーの切手も発行されています!(ドイツ国内の通常の郵便料金は€0.58、日本までは€0.75)

a0265945_0292371.jpg



 早速切手も買い、用意した封筒に貼って、窓口に持って行き、記念印を押してもらいます。(お兄さんもちゃんと押さないと!とばかりに記念印を押すのに力が入ります。)


a0265945_031136.jpg

これは今年の記念の切手とワーグナーの記念印!宝物です!記念印はハッキリわかるように、もう1つ押してもらいました


 他にも郵便関連グッズも少しですが扱っています。


a0265945_0324797.jpg



 実際に手紙に貼って日本の自分宛てに出してみました。今回のツアーの帰国日は今日(8月31日)で、帰宅した時にはすでにこちらから出した郵便物が到着していました。

 窓口でワーグナー生誕200年の記念印のものと郵便局の外にある黄色いポストから投函すると普通+αの消印が押されていました。

a0265945_0332455.jpg

上の消印は外にあるポストから投函したもので下の方は窓口でお兄さんに押してもらった記念印


 バイロイトから出した自分宛ての手紙は全て無事に届き、良かった!です!!手紙(特にエアメール)が確実に届く保証はないので、届いてホッとしました。


 一人で長旅をするエアメールって独特な感じがするんです。一人で、いろいろな人の手に渡って海を越えて私のところにやってきたんだな~というのは感慨深いものがあります。家のポストにエアメールが届いているのを見つけた時の嬉しさ!!そういう楽しさがなくならないで欲しいな~としみじみ思っています。

a0265945_0335265.jpg

窓口からエアメールを出したり、郵便局の外にあるポストからも投函!

a0265945_0372529.jpg

バイロイト音楽祭2013が終わったら、この消印もさようなら…郵便局も来年までクローズ…
[PR]
by airmail-trvler | 2013-08-31 23:15 | B
a0265945_14392823.jpg

(2013年8月 ドイツ・バイロイト祝祭劇場前にて)


 いよいよ生誕200年で湧くバイロイトでのワーグナーのオペラを観に出発。
8月23日10時20分に成田空港集合、スイスインターナショナルエアラインズのLX161便で先ずチューリッヒへ飛びます。


a0265945_1440680.jpg
















この飛行機に乗ります♪



 チューリッヒから小型機に乗り換えてドイツのニュールンベルグへ。そこから北東に66㎞離れたところにバイロイトがあります。


a0265945_14421557.jpg

チューリッヒで小型機に乗り込みます!この飛行機でニュールンベルグへ

a0265945_14435618.jpg

ニュールンベルグの空港に到着!


a0265945_14445748.jpg

ニュールンベルグからアウトバーンで北東に!


a0265945_14454344.jpg

途中でドイツの夕陽と遭遇!美しい~!!


 宿泊のホテルはバイロイト近郊のビショフスグリュンにある「ホテル カイセラム」。(バスでニュールンベルグから90分位)自然の中にあるホテルです。その日は、21時過ぎにホテルにチェックインして、ホテル内のレストランで軽く食事をして、明日に備える!です。


a0265945_14471033.jpg

時差ボケでオペラで寝てしまう!ってことがないように、しっかり寝ないと!!です。




 8月24日はバイロイト・デー。午前中にバイロイト見学。ランチ後、ホテルに戻って、着替えていよいよ祝祭劇場でのオペラ「さまよえるオランダ人」を観に行きます!


a0265945_14482676.jpg

バイロイト到着!!来たかった~!


 ホテルからバスで40分程でバイロイトに着きます。バイロイトにはあちこちにワーグナーののぼりが!町を挙げてバイロイト音楽祭を盛り上げている雰囲気が伝わって来ます。


a0265945_15111847.jpg

ガイドさんからいただいたバイロイト市が作ったワーグナー生誕200年記念ステッカー!ステキなお土産です!!


 現地在住のガイドさんの案内で先ず、インフォメーションセンターへ。インフォメーションセンターの入り口には、ワーグナーと愛犬の像があり記念撮影をパチリ! 

a0265945_14493425.jpg


















中はワーグナー・グッズが沢山並んでいます。


a0265945_14514046.jpg

今年のみの発売?ワーグナー人形


ここでもワーグナーお土産が買えます。


a0265945_1451415.jpg


 そして町中の歩道には「ワーグナーウォーク」と称し、バイロイト市内にあるワーグナー縁の地に迷わずに行けるように「W」のマークが案内してくれます。

a0265945_14525497.jpg

この「W」が目印!


方向音痴の人もこの「W」に従えば大丈夫ですね。


a0265945_14534558.jpg

「W」に付いていくと、迷わない!


 バイロイトの中心には「辺境伯オペラハウス」があり、去年、世界遺産に登録されました。1750年に建てられた現存する最古のバロック様式の祝祭劇場ですが、何と!改装中!!(今年ワーグナーの生誕200年なのに!!)

a0265945_14543716.jpg

外観はステキです!あ~劇場の中が見たい!


絢爛豪華な木造の劇場とのことですが、残念! 見ることは出来ず…(また、見に来いということか?)


a0265945_1456936.jpg


バイロイトの中心へ!


a0265945_14565277.jpg



 バイロイトの中心から「リヒャルト・ワーグナー通り」を通って、ワーグナー博物館 (ヴァーンフリートの家)に向かいます。


a0265945_14572192.jpg


 
 ワーグナー通りはショッピング街でもあり、ゆっくりブラブラ見たい!寄りたいショップがいっぱいある!と思いつつ、一応ツアーなので、勝手な行動しないように自制してガイドさんについて行きます。

a0265945_14574662.jpg

立ち寄りたいお店ばかり!ワーグナーチョコを売るショコラティエ。
どこのウィンドウもワーグナーデコレーション多し!です。



 ワーグナーの看板が見えてきて… 

a0265945_14593385.jpg



 ワーグナーと妻のコジマが1874年から住んだ家(現在は博物館)に到着!


a0265945_14595747.jpg


 こちらも何と!大々的な改修中!(生誕200年に間に合うように!のはずが、遅れてしまったようで… 間に合わず…)せっかくバイロイトまで来てワーグナーに浸りたかったのに、本当に「またバイロイトに来てね!!」と言わんばかりです。


a0265945_1502960.jpg

「またおいで!」と言っているような…


 博物館が改修中故に外に臨時に作られたトイレがあり、女性用トイレの表示が「ワレキューレ」というのが印象的でした!


a0265945_1512098.jpg



 ワーグナー博物館の隣りにあるワーグナーの妻:コジマの父、フランツ・リストの元住居である「リスト博物館」を見学。ワーグナーが義理の父のリスト宛てに「助けを!お金が必要!」と書かれた手紙が展示されていたり、リストだけでなくワーグナーを知る資料も多々あり!です。ワーグナーファンはこちらも必見ですね。


a0265945_1514512.jpg

ワーグナーの義父:リスト!


 大改修中のワーグナー博物館の裏庭に。ここにワーグナーの巨大なお墓があります。墓石に文字は書かれていません。それは「ここに誰が眠っているか、わかっているから」とのこと!さすがワーグナーですね。

a0265945_1524348.jpg

ワーグナーのオペラの前にお墓参り


 バイロイトの町の中心からバスで移動して、バイロイト音楽祭のメインであるワーグナー自身が自分のオペラを上演するために建てたオペラハウスのバイロイト祝祭劇場へ。


a0265945_1534815.jpg

バイロイト祝祭劇場の前に今年のみのワーグナー人形が


 ここがあのワーグナーの聖地か!!やっとここに来た!と感動ひとしお!


a0265945_1545025.jpg

絵に描いた餅ではなく…


 木造建築で1876年に完成したバイロイト祝祭劇場ですが、何と!こちらも外装の工事中!!全面に劇場の外側の絵が描かれた幕に覆われています!(ファサードの一部が壊れて、危険な状態になったとか。)

 ドイツは… 思ったよりのんびりしているのか、生誕200年という記念の年に合わせて完成するものが、遅れてしまっているのが1つだけでなく、いくつもあるなんて、ちょっとビックリ!です。


a0265945_1563440.jpg



 祝祭劇場の前には花が咲き乱れる花壇と芝生があり、そこには今年だけという「ワーグナー人形」があちこちに置かれています。このワーグナー人形は3色あり、ワーグナーの好きな3色に彩られているのだそうです。


a0265945_15677.jpg



 この時はまだ午前中なので他に人もおらず、静かな感じです。(嵐の前の静けさ??)これが夜になると、ワーグナーのオペラに酔いしれたい熱狂的なワグネリアンが世界から集まって来るのかと思うとゾクゾクします!

 実際の劇場は想像していた劇場より大きく(座席数2000弱)、劇場を目の当たりにすると、中はどんなデザインなのか? そして、今夜のオペラ「さまよえるオランダ人」の演出はどんな感じなのか? 興味がどんどん湧き、想像力が膨らみます。

a0265945_1571833.jpg

ショップではワーグナーのエコバッグも売っています!


 劇場の横にはワーグナーの関連グッズ(CD、本、お土産等)を扱うショップと、郵便局の出張所があります!郵便好きの私としては、ここの郵便局はたまらない存在です。(郵便局はオペラの開場の2時間前からオープンだとか。郵便局のことは、次のブログで!)

a0265945_1582725.jpg

まだ閉まっている臨時郵便局。ここの特別な消印は欲しい!です


 ショップではもう来年のカレンダーを売っていたり、ワーグナーのクリスマスカードも!!
思わずクリスマスカードは買ってしましました!!

a0265945_1510499.jpg

このワーグナー、好きです!!

a0265945_15104479.jpg

ワーグナーのオペラが題材になったクリスマスカードがセットになっています


 そんな感じでバイロイト祝祭劇場の“下見”を終了! バイロイトでランチを済ませて、バスでホテルに戻りました。


a0265945_15125840.jpg

レストランの入口にもさりげなくワーグナーがいます!!

 
 バイロイト近郊のビショフスグリュンにある「ホテル カイセラム」は、周囲は緑・緑…です。

a0265945_15141314.jpg

ホテルに戻る

a0265945_15145425.jpg

宿泊したホテル


a0265945_15152245.jpg

周囲はこんな感じで緑!

a0265945_1516990.jpg

部屋の窓からの眺め。思わず深呼吸!


 こちらのホテルで宿泊とバイロイトのチケットをセットにした“商品”を扱っているとかで、バイロイトのオペラを観るお客様に、思わぬサービスがあります。

a0265945_1517733.jpg

オペラのお客様へのプレゼントが!


 お客様へのプレゼントとしてお部屋に用意されてたのは… エコバッグに入っていたものは、スパークリングワインと折り畳み式座布団です!

a0265945_15175453.jpg

スパークリングワインが1本!とこの黒いものが簡易クッション!気が利いている!!


a0265945_15182363.jpg

簡易クッションを広げるとこんな感じ(こちらはスイスのホテルで)


 祝祭劇場のベンチのようなシートはフカフカでないので、長時間のオペラを観るにはクッションがあった方がいい!との親心なのでしょうか。折り畳み式座布団というより簡易クッションがプレゼントです。「今夜のオペラにはこれを持って行こう!」と思いながら、オペラ鑑賞用の服装に着替えをしました。

 黒のトップにゴールドのロングのスカート、そしてゴールドのレース状のストールの出で立ちでバイロイト祝祭劇場に出掛けます!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-08-31 22:30 | B
a0265945_14282675.jpg

(2013年8月 ドイツ・バイロイトにて)


 今年、2013年は1813年生まれのオペラ作曲家リヒャルト・ワーグナーの生誕200年の記念の年です。


a0265945_1429725.jpg



私がオペラを観るようになって27年経ち、いつかはワーグナーの聖地であるバイロイトにある祝祭劇場でワーグナーのオペラを観たいとずっと思っていました。いつしか、バイロイトに行けたらいいなと夢になっていました。
 

a0265945_14295796.jpg



 1986~94年の8年間、ロンドンに住み、コベントガーデンを始め、ヨーロッパのオペラハウスにオペラを観に行くことがありましたが、バイロイトに行くことは、至難の業!チケットが簡単に手に入らない!のです。

 ロンドンで知り合った日本人女性(私にとってはロンドンの母)がオペラ好きのワグネリアン(ワーグナーの心酔者)で、ロンドンでは彼女とよくオペラを観に行きました。

 ワグネリアンの彼女はワグネリアンの会のメンバーで、毎年バイロイト音楽祭(毎年7~8月に開催)のチケットを申し込んでいましたが、チケットが入手できるのは10年に1度!のこと。(彼女は22年間ロンドンに住んでいた時に2度バイロイトに行きました。)

 彼女からチケット入手の大変さ、そして実際にバイロイトに行った時の音楽祭の雰囲気の話を聞いては、いつか行きたいな~!と思っていたのです。

a0265945_14303923.jpg



 かといって、私はワーグナーのオペラは好きですが、ワグネリアンということでもなく、ワグネリアンの会のメンバーでもなかったので、チケットを入手するのはエージェント通しになり、これがかなりの高額になります!

 そしてバイロイト音楽祭は、観客は「正装」で行くようなオペラですし、ホテルで正装に着替えることやホテルから正装でバイロイト祝祭劇場への往復を考えたり… 肝心のホテルもバイロイトは大きな町ではなくホテルの数に限りがあるし、劇場に近いホテルの予約等々を考えると、個人で日本からバイロイトにオペラを観に行くことはかなりのハードルが高い感じがし… 全てセットになったツアーがあるので、それに参加しようかとも。しかしそのツアーもかなり“良いお値段”なので、バイロイトに行くことが段々と遠いものになってしまいました。


a0265945_1431385.jpg



 今年はワーグナー生誕200年という記念の年。改めてワーグナーのオペラやバイロイトを思うことがあり… 来年なら資金に余裕があるけど、今年は無理かな… 来年に行く計画にしようか… なんて考えているうちに8月に!! 


a0265945_14312918.jpg



 高校生だった頃の1976年、その春に新聞に掲載されていた旅行会社の広告で「あなたはあと100年待てるか? 独立200年に湧くアメリカをその目で見ないか?」というのが忘れられず、今でも覚えています。7月4日のアメリカの独立記念日(200年の記念の独立記念日!)をアメリカで体験したいと高校生の私は思いました。しかし、いかんせん資金がなく、親に頼むしかなく… 「100年待てない!!」と頼んだところ、あっさりと断られ… 泣く泣く諦めたのでした。

 そんなことが過去にあったので、来年ではなく今年、バイロイトに行こう!と決めたのでした。(まさに「今でしょ!」ですね!)


a0265945_14315669.jpg



 郵船トラベルが8月末の「バイロイト音楽祭&ルツェルン音楽祭」を組み合わせたツアーを企画していて、それに参加することにしました。(他のツアーで行きたいものがありましたが、もう時期的に手配が無理で、このツアーなら参加できるとのことでした。)


a0265945_14322430.jpg



 8月23日成田発、同日夜にバイロイト近郊のビショフスグリュンのホテルに到着し、翌24日の「さまよえるオランダ人」をバイロイト祝祭劇場で観るツアーです。

a0265945_1432473.jpg


 
 ともかく「バイロイトに行く!」という夢が実現することでテンションが上がります!

 いよいよバイロイトにワーグナーに会い行くぞ!観に行くぞって感じで!!


a0265945_1435113.jpg

[PR]
by airmail-trvler | 2013-08-31 22:00 | B
a0265945_5165687.jpg

(2013年8月 逗子海岸にて)


 『海水浴客でにぎわう砂浜に赤い丸ポストがぽつんと立っている』」、そんなシュールな光景の絵葉書を今月いっぱいでクローズする大手町のていぱーくこと逓信総合博物館のショップで見掛けました。

 あまりのシュールさに合成写真では?とか何か映画等の撮影用なのでは?と思い、帰宅後、ネットで調べたら、夏の期間限定で逗子海岸の砂浜に丸ポストが置かれることを知りました!

そのポストに投函すると特別な印が押されるというので、これは行くしかない!と逗子海岸に行くことにしました!

横須賀線の逗子駅で降り…

a0265945_5182359.jpg
 
逗子駅前のポスト

逗子銀座通りを抜けて…

a0265945_5192029.jpg

味のあるレトロな雰囲気の商店街


逗子郵便局があります。

a0265945_5202231.jpg

逗子海岸入口の目印


逗子海岸へ向かう道をズンズン進んで行きます…

a0265945_5211617.jpg


中央海岸入口が見えてきます…

a0265945_522533.jpg

トンネルをくぐると砂浜が!


逗子海岸の砂浜に入るとありました!赤い丸ポストが!!

a0265945_5232394.jpg



ヤシの木と並んで、写真スポットになっているとか!

a0265945_5235815.jpg


「逗子海岸」と名前が入っているのがいいですね~

この丸ポストの横にある海の家の「林商店」でポストカードを売っています。1枚100円で、切手付!

a0265945_5244239.jpg

丸ポスト横の海の家「林商店」で2種類の絵葉書を売っています

a0265945_527045.jpg



ポストカードを買って、海の家でハガキ書きです!!(暑い!ので冷たいものが飲みたい!)

a0265945_5263743.jpg



ポストカード専用の丸ポストですが、逗子郵便局の協力があってこそ!5時にポストごと回収され(夏の間、9時ごろに設置されるそうです)逗子郵便局の特別風景印が押されるとのこと。

 それを楽しみに、自分宛てにも1枚出してみました。

a0265945_5274498.jpg


逗子郵便局の風景印とは違うのか?気になったので、逗子郵便局でも風景印をもらいました。特別風景印とはどうデザインが違うのか? 届くのが楽しみ♪

a0265945_529872.jpg

自分宛に出したポストカードが届いた!

逗子海岸には、「太陽の季節」の“文学記念碑”があり(岡本太郎さんの太陽が輝いている!)、次回はこれをちゃんと見ないと!です。今回は見逃しました…


翌日には我が家のポストに、逗子海岸の丸ポストから出した絵葉書と逗子郵便局から風景印を押してもらって出した手紙が届きました!

a0265945_53055.jpg

ポストカードの切手が特殊!風景印は百合にウインドサーファー!(逗子っぽい!)

a0265945_5313046.jpg

逗子郵便局の窓口で押印してもらった風景印:百合にウインドサーファー

風景印は… 多少、ラインの太さが違う??でもデザインは同じですね。
(できれば、海岸のポストに投函された葉書にはもう一つ位、“特別な”印を押して欲しいですね!)

それにしても、海岸の砂浜にあるポストはシュールです!!ポストの見たい光景の1つですね!!

a0265945_533289.jpg

「死ぬまでに見たい世界のポストの風景」の1つ??

*このポストは…「逗子海水浴場を管理する逗子海岸営業協同組合が5年ほど前、お土産用の絵はがき作成を機に「どうせなら、砂浜から絵はがきを出してもらおう」とポストの設置を発案。逗子郵便局の協力を得て、毎年、海水浴期間中だけ設置している。」だそうです。
「カナコロ:http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1307100006/」から

[PR]
by airmail-trvler | 2013-08-15 05:36 | Z
a0265945_4275693.jpg

(2006年7月 バリにて)


 バリ・ウブドの「ピタ マハ リゾート&スパ」では、ビラに宿泊しました。各ビラにプライベートのプールもありますが、広いホテルのプールもあります。

 そのプールが“インフィニティープール”です!!

山の谷間の斜面にあるホテルで、ホテルのプールに行くには、スロープを下りて行きます。そして、いよいよプールが見えて来ると!


a0265945_4283611.jpg


 「スゴイ!!」と歓声をあげてしまう!プールと景色が一体になっている!

まさに“インフィニティープール”!!


a0265945_429185.jpg


a0265945_4292282.jpg


a0265945_4294213.jpg


a0265945_430396.jpg


 天気がいま一つでしたが、これが晴れていたら… 想像しただけでもワクワクしてきます。

 このプールでのんびりしてもいいし…

 ビラでゆっくりしてもいいし…

a0265945_4304044.jpg

ビラでくつろぐ友人


 バリの休日は天国ですね!

 ランチはお庭がきれいなレストランに出掛け…

a0265945_432713.jpg


a0265945_4323358.jpg


a0265945_433174.jpg


 観光地も押え…

a0265945_4332948.jpg


a0265945_4353289.jpg


 ゆっくりティータイムを楽しめるラウンジに行き…

a0265945_4335975.jpg


a0265945_4342956.jpg



 ウブドの土着の芝居も楽しみ…

a0265945_435516.jpg


a0265945_436085.jpg

ちょっと遠くても、見る価値あり!

 
 バリ島で一番高い山「アグン山」を見ながらお茶して…

a0265945_4363342.jpg

標高1,800m? 霊峰アグン山は、バリ・ヒンドゥー教の聖地だそうです

 ビーチに行き、海を見ながら食事をして…と、数日があっという間に過ぎますが、バリの休日は夢のようです!


a0265945_439797.jpg


a0265945_4394348.jpg


a0265945_440339.jpg

まさに「バリ定食」 いただきます!


 この休日は7年前のことですが、昨日のことのように思い出します。
 
 バリは人生で何度も行きたい場所ですね!!
[PR]
by airmail-trvler | 2013-08-11 00:15 | I
a0265945_47064.jpg

(2006年7月 バリにて)


 最近、「インフィニティー・エッジ・プール」という言葉を耳にするようになりました。(あるいは目にするようになったというべきか。)

 “インフィニティープール”とは、屋外プールの一部のフェンスがなく、プールがその先の景色と一体化して無限な広がりがあるように見えるプールのことです。

 そのプールを目指して行ったわけではないけれど、宿泊したホテルのプールがそうだったというのがバリのウブドにある「ピタ マハ リゾート&スパ」でした。

 行ったのは2006年7月のこと。その前にバリに行った時は、クタビーチの方にホテルを取りましたが、2006年の時は、一緒にった友人がその少し前にウブドで絵を習っていたこともあり、文化の高いウブドを中心に行きました。

 出発の時の成田は小雨模様の空… ガルーダ・インドネシア航空でバリに。

a0265945_475075.jpg



 バリ・ウブドの「ピタ マハ リゾート&スパ」に到着した時は深夜近く… ホテルのビラに案内されましたが、とにかく周辺は真っ暗!

 とりあえず、部屋に用意されていたフルーツをいただいて、ベッドに…


a0265945_482110.jpg



 翌朝、起きて、そのビラのステキさにビックリ!

a0265945_485093.jpg


部屋も広々して落ち着く大人の感じの雰囲気で、お部屋もいいのですが…


a0265945_491194.jpg


 ビラに付いているプライベートプールとその周囲の景色に大感動!

a0265945_410216.jpg



a0265945_4104190.jpg

プールからビラを見上げる


私はどこにいるのか?って感じで、舞い上がります!

a0265945_4114611.jpg

ビラのドアに!


レストランに朝食へ。


a0265945_4123711.jpg

ビラからレストランへの道

a0265945_4132728.jpg

オープンエアーが気持ちいい~♪

緑を見ながらの朝食は、嫌でも気分が上がります。

a0265945_4142037.jpg

景色だけでなく、肝心の朝食も美味しい!

a0265945_4152010.jpg



朝食を美味しくいただき、ホテルを後にして近所を散歩に…

a0265945_4161672.jpg



ウブドは山の方ですが、メインストリートから入ると田んぼが広がっているような地域。

a0265945_4155598.jpg


a0265945_4164211.jpg


田んぼの中にアートギャラリーがあったり、友人が習っていた絵の先生のアトリエがあったり…

a0265945_417475.jpg

ギャラリー小屋

a0265945_4175249.jpg

友人の絵のお師匠さん!


ウブドの中心に行くと… 
あちこちに「バリ」らしいもの、景色があり、ついついシャッターを押してしまいます!

a0265945_4184919.jpg


a0265945_419926.jpg


a0265945_4192436.jpg

a0265945_4194355.jpg


a0265945_420176.jpg


a0265945_4201479.jpg


a0265945_420277.jpg


a0265945_4205266.jpg


夜はバリ・ダンスを堪能。時間はあっと言う間に過ぎる!です。
[PR]
by airmail-trvler | 2013-08-10 23:30 | I