「ほっ」と。キャンペーン
a0265945_585724.jpg

(2013年11月 軽井沢万平ホテルにて)


 今日、友人親子と3人で軽井沢に行きました。紅葉のピークがちょっと過ぎた、という感じの軽井沢でしたが、まだまだ真っ赤なもみじが楽しめました。


a0265945_594137.jpg



 軽井沢に行ったら、万平ホテルでお茶でも!ということになり、万平ホテルの1階にあるカフェテラスに行きました。


 万平ホテルのカフェテラスというとジョン・レノンとヨーコ・オノ、そして2人の息子のショーン君を思い出します。


a0265945_5102553.jpg



 ジョン・レノンは小野家の別荘がある軽井沢に1976年から79年まで避暑で滞在していました。その頃のジョン・レノンは、1975年に息子のショーン君が生まれ、音楽活動から遠ざかり主夫業に専念していたという状態でした。

 当時、高校生だった私はロック好きでしたので、もちろんジョン&ヨーコのことは知っていましたし、ザ・ビートルズのアルバムもほとんど全部持っていました。ザ・ビートルズの曲は好きだけど、熱心なジョンのファンではなく、情報としてジョン&ヨーコは夏は軽井沢にいるというのを知っている程度でした。
 
 東京の私立の女子高校の生徒だった私は、高校時代の部活で放送部に所属していました。通っていた女子高は軽井沢に学校の寮があり、学校関係者は利用出来ますので、夏休み等にはクラブの合宿に使われてもいました。
 
 そういうことで高校2年生の時(1977年)にだけ放送部の合宿に参加し、軽井沢に行きました。その時の合宿には1~2年生を中心に15名位が参加。放送部の合宿で何をするかというと、「インタビュー」です。当時、録音と言えばテープレコーダーです。3~4人のグループに分かれてポータブルのテープレコーダーを背負って、旧軽の軽井沢銀座で街行く人にインタビューをするというもの。インタビューする質問も考えて、出来るだけ多くの人にインタビューするのです。

 インタビューしてどうするというものでもなく、放送局のレポーターのごとく堂々と知らない人にインタビューすることが目的だったと思いますが、厳しいものではありませんでした。ゆるいクラブの合宿でしたが、一応、夕食後にはダメ出し(反省会)があったので好きに遊んでいいということではなく、適当にインタビューして、適当に好きにして過ごすという感じでした。

 その時の私のグループは2年生2人と1年生2名の4人で、先ず軽井沢銀座に行きました。適当に好きにやっていいとはいえ、夜に寮で反省会が行われるので、それなりにインタビューはしなくては!です。

 午前中は人が多い軽井沢銀座でインタビューし、午後は軽井沢銀座を離れて別荘地の方へ。そこにミニゴルフ場があったので、休憩を兼ねてミニゴルフを楽しむことにしました。テープレコーダーを置いて、女子高校生がきゃあきゃあ騒ぎながらミニゴルフに興じる姿はうるさかったことでしょう。1年生の一人が小野さんという名で、「小野さんの番!」「次は小野さん!」という声が響いたのか、ミニゴルフ場のオジサンが、私たちがテープレコーダーを持っていることや「小野さん」という名前を聞いたからか、「この近くにオノ・ヨーコの別荘があって、ジョン・レノンも来ているから、インタビューに行ったら?」と言うのです!

 女子高校生のミーハー根性とノリで行ってみよう!ということになり、ミニゴルフ場のオジサンにオノ・ヨーコさんの別荘までの地図を書いてもらいました。


a0265945_5112974.jpg

捨てずにずっと持っている地図… ミニゴルフ場のオジサンが書いてくれたもの


 そしてテープレコーダーを背負って、4人でのこのこ地図を頼りにオノ・ヨーコさんの別荘に行きました。呼び鈴を押すと、すぐに返事と共に中年の女性が出て来ました。彼女はバギーも用意していて、そのバギーにはショーン君が乗っていました!!

 まさにハーフで目がくりっとしたショーン君は女の子のようにも見えました。私たちはそのショーン君の乳母のような女性に、自分たちの説明をし、ジョンとヨーコにインタビューしたいと言いました。

 乳母さんは、「今、ジョンとヨーコは万平ホテルにいます。これからショーンを連れて万平ホテルに行くところ。ジョンとヨーコは、インタビューは嫌いだから、インタビューはダメよ。」と言うのです。

 目の前の別荘にいるのなら、もうちょっとしつこく粘ったかもしれませんが、そこにはおらず万平ホテルにいるとのこと。わざわざそこまで行って、ホテルという公衆の目があるところで、「ダメ」と言われているジョンとヨーコにマイクを向けてインタビューする勇気がなく、万平ホテルに行くことはしませんでした。

 万平ホテルに向かうバギーに乗ったショーン君の頭をなでて、バギーを押す乳母さんをその場で見送りました。


a0265945_5131338.jpg




 ショーン君の頭をなでただけの“接触”でした。ちょっとアクションを起こせばジョン&ヨーコが目の前にいるというチャンスを棒に振りましたが、気にすることもなく時間が過ぎていきました。

 3年後の1980年12月にジョン・レノンが銃弾に倒れた時、そのニュースを聞いて初めて後悔しました。あの時、3年前の夏の軽井沢で、ダメだと言われたけれど万平ホテルまで行くべきだったと。インタビューは出来なくても生で顔だけでも見ておくべきだったと!何故、アクションを起こさなかったのか!もう2度とジョン・レノンには会えない!


a0265945_514095.jpg



 万平ホテルに来る度に、高校生だった時のジョン・レノンに会いそびれたことを昨日のことのように思い出します。


a0265945_5143481.jpg

テラスカフェのブルーベリータルトとミルクティー
[PR]
# by airmail-trvler | 2013-11-09 23:30 | K
a0265945_2164575.jpg

(2011年12月 サンホセにて)



(昨日からの続き…)

 コスタリカの中央郵便局は窓口が少なく、私が行った時にはもう行列があり、さらに私が行くともっと行列になってしまうのでは?と心配でしたが、英語の分かる若いお兄さんが窓口で、私が言ったことを理解してくれて、思った以上に早く用事が済みました。

 早く済んだことは喜ばしいこと!ということではなく、ショックなことにコスタリカでは、もう普通の切手が売っていなかったのです!!

 数年前に通常切手は廃止されたようで、売っているのは「証紙」でした。手紙の重さに合わせて、金額や日付けが印刷されて出て来る証紙になってしまったので、投函する現物の手紙がないと“発券”出来ないので、売ってくれないのです!

 目の前の現実がショックで!ショックで!
切手が無くなっているので、エアメール・ラベルもなく…

 ただ、数年前まで発行されていた記念切手(残っているもの)は、記念切手専用窓口で買うことが出来ました。

 Eメールの発達で手紙を出すこと、特にエアメールは激減しているとは思いますが、まさか切手がなくなっている現実がそこにあったなんて!

 ショックではありましたが、手紙を出す人の列に年配のおじいさんがおり、その人の手元にある出す手紙にエアメール封筒が見えました!

 そのおじいさんに「このエアメール封筒は何処で手に入りますか?」と尋ねたら、おじいさんは英語を話す人で、丁寧に自分が買った文房具屋さん(リベリアインターナショナル)を教えてくれました。

 中央郵便局で記念切手を買い、そして今度はエアメール封筒を買うべく文具屋さんに行くことに!


a0265945_2185099.jpg

デパート?衣料、家庭雑貨が揃うショップ


 サンホセの中心のメインストリートに出て、おじいさんから聞いた文房具屋さんに向かっていく途中にある本屋さんにも寄ってみます。本屋さんに文具コーナーがあることが多く、そこにエアメール封筒とかユニークな文具やステキなデザインのカードがあるのでは?と期待感があります。

 デパートらしい衣料、雑貨一般を扱っている大型ショップにも寄ってみます。もちろん文具売り場があるのでは?と思うから。

 ざっとショップ内を見て回って、文具売り場があれば、時間を取ってじっくり見て回り、エアメールのものやデザインの良いステーショナリーがなくても、見れた、どんな感じなのかがわかっただけも満足!!です(もちろん、何か掘り出し物のようなステーショナリーがあれば、本当に大満足♪ですが)。


a0265945_2202187.jpg

リベリアインターナショナル


 本屋さんやデパートの文具売り場にこれ!といったステーショナリーはなく、おじいさんの言っていた文房具屋さんに行ってみると、かなり広く、まさにサンホセの伊東屋という感じでしょうか。

 お目当てのステーショナリーのコーナーへ。気になっていたエアメール封筒がそこにあったので、もう嬉しくなってしまいます!!


a0265945_221344.jpg

封筒コーナー


 ただサイズは「小」のみ!「大」はソールドアウトのようで、スタッフに尋ねても、「在庫はない。いつ入荷するかはわからない。来週かも知れないし、もっと先かもしれない。」とのこと。
とりあえずサイズはどうあれコレクションしている「その国のエアメール封筒」が入手出来ましたので、ホッとしました。

 もうドイツなどエアメール封筒そのものが市場から消えているので(どこかに残ってはいるのでしょうけど、ほとんどの文具店にはもう在庫はないようで…)、文房具屋さんの店頭に並んでいるだけでも幸せ!気分です。


a0265945_2224941.jpg

カフェでパフェを食べながら…


 エアメール封筒、ペーパー等々を仕入れて、カフェに行きます。ドリンクやスイーツを注文し、その一方でカフェで手紙書きです。郵便局で切手を仕入れ、文房具屋さんでエアメール封筒を始めとするステーショナリーを買い込み、カフェでエアメールを書くのが至福の時です。

 文房具屋さん等でちょっとしたシールやデザインのステキなメモを見つけるとそれも手紙と一緒にエアメール封筒に入れたりして、その国らしいその国で手に入れたものも一緒に送りたいと思っています。

 手紙の重さに気を付けながら、柄付のテープで封をして、切手やエアメール・ラベルを貼ったりして、ポストに投函!


a0265945_2234223.jpg

中央郵便局に戻り、ポストに投函!


 その国や町、観光地や美術・工芸品等の絵葉書でエアメールをするのも嫌いではないですが、ポストカードより、エアメール封筒が好きで、もしくはエアログラムの方がポストカードより好きなので、それで出すことが多くなります。

 個人的にエアメール・ストライプが付いた封筒が本当に好きなんです。だからそれで出したくなるのです。


a0265945_22526.jpg

サンホセにある国立劇場


 エアメールを出し終えて、やっとホッとします。一仕事終えた!!という気分。すると落ち着いて、美術館に行ってみようかとか、ゆっくり町を歩いてみようとか、となります。劇場空間も好きなので、劇場に行ってみると、12月はバレエ「くるみ割り人形」の季節でもあり(クリスマスには「くるみ割り人形」を見たくなります!)、サンホセでも「くるみ割り人形」を上演中でしたので、翌日のチケットを購入することに。


a0265945_2263984.jpg


 12月に「くるみ割り人形」のバレエが見られるのは、これまた嬉しいこと!コスタリカのバレエの実力がどの程度かは知りませんが、楽しみです。
 

a0265945_227442.jpg

国立劇場のロビー


 サンホセのメインストリートを中心にあちこち歩き、ショップに寄り、カフェで一休みしているうちに夕方になってきましたので、ホテルに戻ります。

a0265945_2282753.jpg


猫が店番??

a0265945_228455.jpg



a0265945_2292451.jpg

マーケットの中

a0265945_230130.jpg

カラフルにペイントされた建物

a0265945_231456.jpg


a0265945_2312350.jpg


a0265945_231556.jpg

こちらでもケーキセットをいただく

a0265945_2324328.jpg

黄昏のサンホセ


 ホテル近くにアートギャラリーがあり、そこにレストランも併設されているとことがあったので、そちらで夕食をいただきます。


a0265945_2334135.jpg



 モダンな雰囲気で、オシャレな地元のお客さんが多いようなレストランですので、ローカルなメニューより、前菜は、スープかサラダ、メインはチキン、ポーク、魚のグリル、デザートも凝っているという東京にもNYにもあるようなそういう意味ではユニバーサルな感じです。BGMもオシャレな東京の大人っぽいカフェレストランで流れているような音楽で、サンホセにいるという雰囲気はありませんでしたが、美味しくいただきました。
 

a0265945_234536.jpg


 ホテルに帰り、またエアメールを書く!そして翌日に備えて寝ます!!
[PR]
# by airmail-trvler | 2013-10-22 23:15 | C
a0265945_1535815.jpg

(2011年12月 サンホセにて)


 旅行のわがまま… 人に気兼ねせずに自分のペースで見て歩きたい、でも食事は誰かと一緒の方が楽しい
 
 旅という限られた時間の中で見たいもの、興味のあるものが一緒でないと、自分の興味のあることに友人を巻き込むことを申し訳ないと思うし、逆に友人の興味あることに巻き込まれると、その時間にあれが出来たのでは?あそこに行けたのでは?と悔やまれることも…



a0265945_1552114.jpg

サンホセで一人で泊まったホテル「インカレアル」



 もちろん、友人の興味のある世界をのぞいて見たら、興味が湧き自分の世界が広がることもよくあること。あまり自分の世界を狭めずに広げたいと思っているし、好奇心が強いせいか友人の漕ぐ船に乗ってみるのも面白いと思って、すぐに乗ることもよくあります。


 自分はそうでも、私の興味がある世界がマニアックで、友人がそれに興味を持てないという場合(たいていそういうことの方が多い)、友人と別行動が出来るといいのだけど、一緒に旅行に行く友人が別行動に対して、拒絶に近いくらい別行動を嫌がる時は、別行動をすることが面倒になってしまい、ずっと一緒に行動することになります。(当たり前ですが…)

 でもずっと一緒にいて、自分が見たいところに寄りたいところに行けない、やりたいことが出来ない、または制限されるとなると、段々とフラストレーションが溜まって来る… 今度は一人で来よう!と諦めることになることが多い… 

 と、以前は諦めることが多く、「今度は一人で来よう!」と思ったところで、その「今度」がいつなのか?実行される可能性がかなり低いので(韓国や台湾といった近場ならすぐに行きますが、乗り継いで8時間以上もフライトで行くような国になると、「次に行く」の保証がない)、行った時に自分でも出来るだけ満足するような旅にしたいと強く思うようになりました。


a0265945_1581221.jpg

ホテルからサンホセの中心に向かう


 現地での一人の時間を確保すべく友人とは現地集合にし、私の方は現地に先乗りして自分の見たいこと、行きたいところに先ず行って自分を落ち着けてから友人とミートすることで、友人と楽しい旅が出来る確信し、日本発着のツアーでない限りはなるべく先乗り(場合によっては最後に残る)するようにしています。

 私の興味ある世界は、文房具屋さん、本屋さん、郵便局や地元のスーパー等に行くこと、時間を作って手紙を書いて、エアメールを郵便局から出すことで、物を買うだけでなく、どんなものがあるのかを見たいということもあります。

 物を買うだけなら、そのものを探してさっさと買って用事が終わるので、一緒にいる友人に付き合せても“負担”を感じないでしょうけど、用事が目的のものを買うだけではないので、ただ見ていることに付き合せるのは友人に対して“負担”を感じてしまう。一人で心行くまでチェックしたい!のです。


a0265945_281052.jpg



 そしてそこの町の雰囲気を知りたくて、とにかく歩きたい!グルグル歩いて、カフェに寄ったり、買い食いしたり、横道にそれてみたり、適当に目的もなく歩くことが好きなのです。目的がなく歩くことが目的に付き合う人は少ないと思いますし、私は(恐らく)半端なく歩くので、付き合せるのは申し訳ないと思ってしまいます。町の中心を歩くことで頭に自分なりの地図が出来ます。


a0265945_285266.jpg


 他に興味あること、美術館に行くこと、博物館に行くこと、パフォーマンス(音楽、ダンス、古典等々の舞台)を楽しむこと、観光地ものぞいて見ること、カフェに寄ったり、地元のものをいただくレストランで食事することは友人とシェア出来ることなので、そういうことは友人といる時間にやればよいこと。あとは友人の興味あることにお付き合いすることで旅行を楽しむことで自分の世界も広げるのが旅行の面白さかと思っています。


a0265945_29109.jpg



 コスタリカへの旅はそういうことで、私が一人で現地に先乗りし、後から友人と合流して一緒に旅行するパターンです。

 コスタリカに一緒に行った友人Kは西海岸在住で、どちらかというとホリデーは自然の中に行きたい派で、私は街をプラプラしたい方です。それを折り合わせるために、私が先にコスタリカの首都サンホセに行き、郵便局や文具店等を出来るだけ見てチェックし、サンホセを適度に歩きました。ある程度、満足した頃にKがサンホセに到着。合流してからは、Kが計画したコスタリカの旅行が始まる、という感じです。Kが計画したコスタリカの旅は、コスタリカの海、山、温泉、動物といった自然を楽しむもの。

 都市、町を離れてしまうので、私一人でいる時は、都市を楽しむ!です。前置きが長くなりましたが、アトランタ乗換えで夜にサンホセに到着した翌日一日は一人で思う存分サンホセを楽しみました。

a0265945_2103956.jpg



 旅行に行ったら、現地から自分宛て、または友人宛てに手紙、エアメールを出す、というのも旅の楽しみの1つ。郵便局から出したり、町中にあるポストから投函したりと「消印」が異なるのではないか?と思いますので、郵便局だけでなく、ポストから、またホテルのレセプションに預けたりと出来るだけあちこちからエアメールを出したい!と思っています。


a0265945_1592227.jpg



 どこからでもポストがあったらエアメールを投函出来るように、封筒は日本から用意出来ても、切手ばかりは現地で手に入れないと、手紙を出すことが出来ない!ので、先ず郵便局に行って切手を多目に確保したいのです。


a0265945_1594736.jpg



 ついでに当然、出来れば現地で入手した現地のエアメール封筒で出したい!というのも希望であり、楽しみです。
 

a0265945_202198.jpg



 英語圏ならともかく、英語圏でない場合、郵便局で英語が通じることが少ないことも…。買いたい切手が買えないのは、辛いことなので、出掛ける前にホテルのレセプションかベルデスク等で必要と思われる単語をチェックしたり、文章をメモに書いてもらいます。切手の金額や枚数の数字を書いて筆談の足しにするためにメモや筆記具を持ち、日本から持ってきたエアメール封筒も持ち歩きます。話しを早くするために「これはありませんか?」と現物を見せます。


a0265945_23315.jpg


 以上の持ち物をしっかり持ち、地図で郵便局の場所を確認して町に出ます♪

a0265945_214870.jpg

サンホセの中央郵便局

 19世紀に世界に広まった郵便制度は、100年以上の歴史があり、故にどこの国も中央郵便局は立派な建物で、コスタリカの中央郵便局も歴史を感じさせる目を引く印象的な建物です。


a0265945_23449.jpg



 建物の外観の立派な感じに比べて、中はすっきりした感じで、郵便・切手の窓口も少なく、行った時にはすでに行列が出来ている、です。


a0265945_24640.jpg



 私の場合、郵便局に行ったら…
1:日本(欧州や米国)までの手紙の切手をまとめて買う
2:その国の一番安い切手を100枚買う(これをコレクションしています)
3:エアメール・ラベルをもらう
4:記念切手を買う
5:エアログラムやエアメール封筒があれば買う
以上の“やること”があります。


a0265945_243632.jpg

郵便局内にあるポスト


1は、ポストカードなら料金は決まっていますが、封書の場合、重さによって料金が違ってくるので、最低の重さの料金分の切手を買う場合、郵便局の窓口の人によって、面倒になることがあります。重さによって切手を貼るので、重さがわからないと売らないとなり、何とか説得して、最低料金分の切手を10~20枚まとめて買います。

 事前に日本から用意したエアメール封筒(あるいはHotel Stationery)で出すばかりにして重さを量ってもらって、その料金分の切手をまとめ買いです。

2は、先進国ならほとんど問題ないですが、そうでない国で、この「その国の一番安い切手」を1シート(だいたい100枚で1シートになっていることが多い)買うことの大変さと言ったら!
そういう切手の買い方をする人がいないので、一番額面の安い切手を100枚買うということを理解してもらえず、面倒なことになってしまうのです。そんなに売れるものではないので、店頭在庫は少なく、あとは奥の金庫にしまってあるので、そこから出してこなければならず、それで面倒になって、「ない!」と言って断わられることも。それでもしつこく言うと、金庫からしぶしぶ出して来てくれたりします。

 この「その国の一番安い切手」を100枚買うことは、闘いでもあります!

3:エアメール・ラベルもその国の言葉やデザインで出されています。その国のお国柄が出るのでエアメール・ラベルを集めていますが、最近はシャチハタ・スタンプのようなスタンプを押すだけでラベルを用意していないことも。

4:記念切手は、記念切手用の売り場、窓口があるので、ゆっくり選べることが多いです。記念切手の販売が重要な産業になっている国もあります。

5:エアメール封筒を郵便局で売っている国は少ないですが、エアログラムは必ずと言っていいほど、どこの国の郵便局は出していたものですが…

 今はエアログラムを用意している国が少なくなりました…


a0265945_25421.jpg

日本へのエアメールはこちらに!


 以上のように、郵便局の窓口で面倒な買い物をするので(時に戦闘態勢で!)、時間が掛かり、気が付くと後ろに長蛇の列!ということもしばしば…(住民に皆さんにご迷惑をお掛けしています…)
申し訳ないと思いつつ、しかしこれは止めるわけにはいかないので、郵便局の窓口が沢山あることを祈るのみ!です。

(明日に続く…)
[PR]
# by airmail-trvler | 2013-10-21 22:45 | C