Kaodashi-Signboard 街角の顔出しパネル

a0265945_3454852.jpg

(2013年11月 名古屋 栄にて)


 今年の7月頃にいつも聞いているラジオの某番組に、ある男性がゲストとして呼ばれてトークをしていました。その男性はよく観光地等に置いてある「顔出しパネル」好きが高じて、顔出し看板を集めたサイトを運営している方でした。

 何気に聞いていたラジオでのトークですが、何故か、私の頭の片隅の片隅に「顔出しパネル」が引っ掛かり、その後、町を歩いて見掛ける「顔出しパネル」があると写真を撮ってしまう(その写真を「顔出し看板展示館」に“情報”として送ってしまう)のです。


 この数か月で普通に町を歩いて、観光地でなくてもあちこちで顔出しパネルに遭遇!本当に気付くと思わぬところに顔出しパネルがある!!です。



a0265945_3464522.jpg



 これは今年の7月に千葉そごうデパートに行った時のもの。父の従兄弟会が千葉で毎年開催されていて、その日も、母親を連れて千葉へ。千葉そごう内にこのパネルを発見!

 そごうは西武と一緒になりましたので、いままでは西武のお買いものクマでしたが、そごうにも出張して??いました!

 数人で1列になってぐるぐると顔の位地を変えて、トルネードになる“エグザイル”風のデザインになっています!まさに「今風」の顔出しパネルです。


a0265945_3501899.jpg



 8月に歩いて両国まで散歩。JR両国駅の改札横にある居酒屋さんの前にも顔出しパネルはありました!

a0265945_3504957.jpg



 場所柄相撲取りと銭形平次と、2種類の顔出しパネルがあるは珍しいかも!です。


a0265945_351127.jpg

ハイ!チーズ!!


 9月には川崎の岡本太郎美術館へ行きました。そこの出口ロビー付近にもありました!太陽の塔の顔出しパネルが!!


a0265945_3521161.jpg


 岡本太郎さんマネキンと共に太陽の塔の顔出しパネルがあります。太陽の塔は無理やり顔を出せるようになっているデザイン。


a0265945_3525728.jpg




 10月は大阪へ!道頓堀の商店街にあったのが、大阪だけど何故か沖縄モチーフの顔出しパネルです。確か沖縄料理屋さんの前にあったと…


a0265945_3533085.jpg

一緒に旅行に行った樋口さんと会田さんが遠慮がちに顔出しを!


そして大阪ではレンタカーでちょっと遠出を。藤井寺市にある「葛井寺」に行ったら、そこにはお坊さんの顔出しパネルがあるのを発見!


a0265945_3545645.jpg


さすがに渋いですね~


 そして今月は、先ず、羽田空港に行った時にLCCソラシド航空のカウンター前に顔出しパネルを発見です。パイロット&CAという組合せのカップル用??


a0265945_3553863.jpg



 今月は名古屋に行き、その名古屋のディープな大須のアーケード街にスマホの「ウィルコム」ショップがあり、その店頭に「ウィルコム」の宣伝顔出しパネルがありました!


a0265945_3574024.jpg


 今現在のウィルコムのCMに孫悟空が出ているので、そのまま顔出しパネルになったような…ですね。


a0265945_3582479.jpg


 顔出しパネルは、日本ではせいぜい1~3人が実際に顔を出して写真を撮って楽しむもの。



 海外になるとさすがにビッグです!

a0265945_3592263.jpg



 こちらは去年の12月にスペインに行き、アルハンブラ宮殿の庭の一角にあった顔出しパネルは団体専用のごとく12人は顔を出したり、顔をのせたりして一挙に顔出しパネルで楽しめます。

 こういうレトロな雰囲気のある顔出しパネル… ついつい気になってしまいます。観光地にあるものと思っていいたら、意外や意外、街中にさりげなくあるとは!
 
 なんだか日本人のコスプレの原点を見るような思いです。

 町を歩いて、どこかにひょっこり顔出しパネルがないか? それも最近の散歩、町歩きの楽しみになりました!!



 そうは言っても、若い時はこのようなキッチュないかにも観光地にある観光地ものというのは好きになれず、逆に批判的に見ていました。ひねくれていたのか(そうなんだと思います)、いかにもその場所でその場所らしいことというのを素直に受け入れられず… でした。

 いつのころか、その場所にしかない“いかにも”的なものの面白さに目が行くようになりました。その“いかにも”の裏にはそのものに対する人の情熱というのがあることにも気が付き、そのものより、そのものが持つストーリーに興味を持つようになったということかもしれません。

 そのもののユニークさもあるでしょうけど、そのもののストーリーも含めてそのものに向き合いたいと思っています。
[PR]
by airmail-trvler | 2013-11-20 23:45 | K